タグ:地域経済 ( 7 ) タグの人気記事

a0009097_214657.jpg2月28日(土)のお昼前、外苑前の所用の前に、表参道のGYRE ビルの地下で開催されたファーマーズマーケット (農作物市場)にぶらりと行ってきました。

“農“が持つ魅力を表現し、次世代のライフスタイルと都市のあり方を考えるということでイベントとして定期的に開催されています。

有機野菜や季節の果物、花木などが畑直送で、しかも若者達が売っています。
普段と違ったコミュニケーションを鶏ながらのお買い物が出来ます。

が、初日の開店間際とあって、この若者達、声が出ません(笑)
商売的には、ド素人。でもそれがよいんですね、これがまた。
かっこいいお兄さん、お姉さんが売っているんですよ。
どんな人達かって、それは例えば、コンな人達
複数出店しているうちの一つ「倅(せがれ)」
農家を継ぐ人、継がない人が、おやじうやおふくろの代わりに東京で実家の野菜を売るというコンセプト。
a0009097_2148742.jpg
複数出店しているうちの一つ「倅(せがれ)」

 農家を継ぐ人、継がない人が、おやじうやおふくろの代わりに東京で実家の野菜を売るというコンセプト。

でもよかったです、雰囲気。
こんな形でマーケットがあったら買い物が楽しいと思う!
これからの時代、こういう ショクギョウ があっていいじゃないか!

我が多摩ニュータウンでも一度実験してみたい。かっこええ八百屋!
(いや、地元の八百屋がかっこわるいと言うことではありませんよ。)
地方の産直の野菜を地方の地場の関連者が愛情を込めて売る市場。
都会と地方を結ぶ交流。これが商売の原点では?

次回の開催は、3/21(土)、3/22(日)、4/18(土)、4/19(日)
[PR]
 第3回目を迎える本年、「インフラPPPと自治体財政改革」を取り上げます。ご存じの通り、我が国のインフラは震災を含めた老朽化による倒壊や破損のおそれが切迫しています。現在、進められている公会計、資産債務改革は、自治体の財務状態を把握し、民間での利用可能な資産をあぶり出す作業であります。こうした作業を経て、アセットマネジメントや、インフラの資金調達のための新しいPPPの創設が必要となることは言うまでもありません。今回は、米国より、このテーマにふさわしいゲスト講師として、世界最先端の成果を上げているバージニア州のインフラPPP(Public-Private Educational Facilities Infrastructure Act)を成功させたクリストファー・ロイド氏と、GPAA(Governmental Performance and Accountability Act)に基づいてフロリダ州政府の民営化を進めた後全米で活動している元全米バジェット・ディレクター協会会長のグレン・ロバートソン氏を招聘します。また、主催者である日本政策投資銀行からは、藤田寛公共ソリューション部長が“我が国におけるPPPファイナンスの現状と展望”、東洋大学からは根本祐二教授が“自治体行財政とPPPの将来を予言する”と題したスピーチを行います。持続的なインフラ整備、地方財政制度の構築、市民参加・民間提案について関心のある幅広い方々にお集まりいただきたいと考えております。ふるってご参加下さいますようお願いいたします。

主   催:東洋大学 日本政策投資銀行 NCPPP

特別協力:読売新聞東京本社

特別協賛:清水建設株式会社

後援(調整中):社団法人日本プロジェクト産業協議会、財団法人都市みらい推進機構、財団法人日本経済研究所、鹿島建設株式会社、大成建設株式会社、大和ハウス工業株式会社、株式会社竹中工務店、野村證券株式会社、株式会社日建設計総合研究所、三井不動産株式会社

主 催 東洋大学 日本政策投資銀行 NCPPP
日 時 2008年9月29日(月)午後13:30~
場 所 東洋大学白山キャンパス井上円了ホール
       (東京都文京区白山5-28-20)
同時通訳付 入場無料  申込順

13:30  開演 主催者あいさつ
13:40 “我が国におけるPPPファイナンスの現状と展望”
藤田 寛 日本政策投資銀行公共ソリューション部長
我が国のPPPファイナンスを常にリードしてきた日本政策投資銀行(DBJ)が、10月1日より民営化します。DBJが手がけてきたPFI、民営化、事業再生など多岐にわたるPPPファイナンスの歴史と社会的な意義を振り返るとともに、民営化前夜のDBJにおけるPPPに対する取り組みのスタンスを踏まえて、今後の我が国のPPPファイナンスの方向性を展望いたします。

14:00 “バージニア州のインフラPPPの試み” 
クリストファー・ロイド氏(上記参照)

14:30 “州政府のアカウンタビリティと民営化” 
グレン・ロバートソン氏
ロバートソン氏は、1996年に制定されたフロリダ州のGPAA(Governmental Performance and Accountability Act)に基づき、州政府の大胆な改革に取り組んだ当事者であり、その後、全米バジェット・ディレクター協会会長を務めるなど、米国の地方財政改革の中心人物です。フロリダで行われた州政府の民営化のほか、さまざまなタイプのPPP
プロジェクトの進展、その前提としての郡や市の政府も含めた財務状況の把握や情報開示のあり方について学びたいと思います。

15:00 “自治体行財政とPPPの将来を予言する” 
根本祐二 東洋大学教授
健全化法、公会計改革の二大改革は自治体行財政をいかに変えるのか、そこでPPPはどのような役割を担うのか。マクロ市場規模の予想によるビジネスチャンスの拡大と、PPPによる自治体行財政の劇的な改革モデルプランを提示します。新しい完全PPP都市であるサンディ・スプリングス市の情報など、8月に実施した米国PPPツアーの成果も提供します。

15:20 休憩
15:30 パネルディスカッション
17:00 レセプション

お申し込みはこちらかどうぞ

FAXにてお申し込みの場合は、お名前、ご所属機関・部署、ご連絡先メールアドレス、ご連絡先電話番号をご記入の上、03-3231-1610までお送り下さい。


参加証は後日送付いたしますが、会場は大ホールなので十分に収容能力がございます。

“バージニア州のインフラPPPの試み” クリストファー・ロイド氏
バージニア州では老朽化した学校校舎の更新および民間からの幅広い提案を得るために、2002年にPPPを活用する法律PPEA(Public-Private Educational Facilities Infrastructure Act)を施行し、学校およびそれ以外のインフラ更新(例えば、病院、庁舎、刑務所、駐車場)をすでに100件以上進めています。我が国のPPPで最大の課題である民間提案の誘導について画期的な仕組みとなっています。ロイド氏は、PPEAの草案から実施に至るまで深く関わった中心人物です。


“州政府のアカウンタビリティと民営化” グレン・ロバートソン氏
ロバートソン氏は、1996年に制定されたフロリダ州のGPAA(Governmental Performance and Accountability Act)に基づき、州政府の大胆な改革に取り組んだ当事者であり、その後、全米バジェット・ディレクター協会会長を務めるなど、米国の地方財政改革の中心人物です。フロリダで行われた州政府の民営化のほか、さまざまなタイプのPPPプロジェクトの進展、その前提としての郡や市の政府も含めた財務状況の把握や情報開示のあり方について学びたいと思います。


“我が国におけるPPPファイナンスの現状と展望”
     藤田 寛 日本政策投資銀行公共ソリューション部長
我が国のPPPファイナンスを常にリードしてきた日本政策投資銀行(DBJ)が、10月1日より民営化します。本スピーチでは、今までDBJが手がけてきたPFI、民営化、事業再生など多岐にわたるPPPファイナンスの歴史と社会的な意義を振り返るとともに、民営化前夜のDBJにおけるPPPに対する取り組みのスタンスを踏まえて、今後の我が国のPPPファイナンスの方向性を展望いたします。


“自治体行財政とPPPの将来を予言する” 
     根本祐二 東洋大学教授
健全化法、公会計改革の二大改革は自治体行財政をいかに変えるのか、そこでPPPはどのような役割を担うのか。マクロ市場規模の予想によるビジネスチャンスの拡大と、PPPによる自治体行財政の劇的な改革モデルプランを提示します。新しい完全PPP都市であるサンディ・スプリングス市の情報や、既存の市の民営化の動向など、8月に実施する米国PPPツアーの成果も提供します。
[PR]
来る9月27日(木)午後、東洋大学井上円了ホールにおいて、主催:東洋大学、日本政策投資銀行により、第2回日米PPPフォーラムが開催されます。

今回から、米国PPP協会(National Council for Public-Private Partnerships = NCPPP)が正式の主催パートナーとして参加し、米国PPP最前線紹介のパートが加わりました。

昨年度の年間PPPアワード受賞案件のジョージア州サンデイスプリングス市(市政を丸ごと民営化し建設会社(CH2M Hill OMI)が受託して運営している)や、同じく州業務の局一つを民営化したフロリダ州商務省など今もっとも注目されているprivatizationの情報を具体的に取り上げます。

また、民の自由度を最大限に広げる米国型PPPの日本初の案件として期待されている岩手県紫波町のJR紫波中央駅前町有地開発(10.7ha)の検討状況を同町の藤原町長から報告していただきます。入場は無料です。奮ってご参加ください。

申込は コチラのサイト からお願いします。

日時 2007年9月27日(木) 開場1230、開始1330
場所 東洋大学井上円了ホール (東京都文京区白山5-28-20 東洋大学白山キャンパス内)
主催  東洋大学 日本政策投資銀行 NCPPP
後援、協力 調整中

ゲスト
マネージメント・アナリシス社代表(NCPPPプレジデント)アート・スミス 氏
NCPPPエグゼクティブ・ディレクター リチャード・ノーメント 氏 
スキャンネル・プロパティーズ上級副社長 ロバート・ジェニングス 氏
岩手県紫波町長 藤原孝 氏


プログラム(予定。現在詳細を調整中です)

 1330 リチャード・ノーメント氏
       「米国PPPアワード受賞案件のケーススタディ」 
       ジョージア州サンデイスプリングス市民営化
       ワシントンDC ニューヨークアベニュー駅再整備
       バージニア州公立中学校新設
       ジョージア州水資源コミッション など  
      ロバート・ジェニングス氏
       「エンタープライズ・フロリダの成功 フロリダ州商務省民営化」
      藤原孝 氏 「JR紫波中央駅前町有地開発(10.7ha)の検討状況」

1530 パネルディスカッション
  コーディネーター  サム・田渕 東洋大学客員教授
  パネラー        リチャード・ノーメント氏
               ロバート・ジェニングス氏
               根本祐二 東洋大学教授 ほか
1600 質疑
1630 終演

入場無料、同時通訳付き
[PR]
法政大学現代福祉学部保井ゼミ(地域づくり、保井准教授)と、諏訪名店街が連携し、売り出しセールを復活させます。
多摩ニュータウンで最も古い街区。開発から40年、入居開始から36年。新たなチャレンジが始まる。
このイベントには、東京都と多摩市の「新・元気を出せ商店街事業」の補助金が入っている。
商店街の店主さん自身が高齢化しつつあり、担い手不足な所に、ここ3年、商店会協力の下、近隣センター問題、ニュータウン問題の研究のため、様々な調査を行ってきたのが縁で、近隣大学(今回は、国士舘大学と多摩美術大学)とも連携しながら、商店街の売り出しを盛り上げるため側面支援を行っています。

下記は、そのチラシです。目玉は、「七輪横丁」で、チラシには、7月7日のみ記載されていますが、前評判がよく、実際には、7月1日(日)、8日(日)にも開催予定だ。地元のスポーツ愛好中高年や、近隣で、居酒屋・飲食難民の方に注目されているようだ。新たな、商店会の取り組みにも繋がるかも知れません。

下記クリックで拡大されます。↓
a0009097_1731727.gif

[PR]
先日、同期生だった、現銚子市地域再生マネージャーが上京したおり、2ヶ月ぶりくらいの再会でしたが、一杯飲みながら近況を伺った。
その夜、高速バスで銚子へ戻る前の数時間でしたが、いろいろ興味深いお話を聞くことが出来た。
ともあれ元気な様子で、活き活きされた様子で何より。。。
夏の合宿誘致等の戦略を中心に、市内の上京、観光の様子、地域の資源について興味深くお聞きした。

印象的には、交流人口が少ないため、盛り上がっていない様子。
これには、大学研究室などが、大人数で伺い、街を闊歩することが大きなインパクトになるはず。
さっそくその路線で、夏の合宿に少なくとも自分の関連のゼミがいければ御の字だ。というか、私自身が行ってみたい。体験してみたい。関東にあるにもかかわらず、東京からは少し時間がかかる所のため、なかなかクローズアップされないと思われる。私も未だ行ったことがない。

a0009097_055572.jpgおみやげにぬれ煎餅を買ってきて頂いた。写真の通り、「銚子電鉄株式会社」が製造販売している。
銚子電鉄は、開業以来、紆余曲折の道を辿ってきた。赤字続きだが、10年前に副業として始めた「ぬれ煎餅」の製造販売が評判を呼び、親会社の倒産による廃線の危機も乗り越えて今日に至っている。
ところが、資金不足で設備更新もままならず、借入金返済もきつく、苦しい経営を強いられている。そんななか、平成18年には、前社長の横領事件が発覚。絶体絶命に。銚子電鉄存続のための署名運動が実施され、銚子市の人口(約75,000人)を上回る、90,000人以上の署名が集まり、死にものぐるいで社員ががんばっている。【涙】

a0009097_0595342.jpga0009097_104075.jpg
ぬれ煎餅ですが、これがまたおいしい。醤油だれがうまい。地元ヤマサ醤油(1645年創業)の「ぬれ煎餅専用醤油だれ」が使用されており、食感はもちろん、ふにゃ~という感じ。
[PR]
「銚子市地域再生マネージャー・寺井素子の銚子だより」
ブログが始まっている。(上記クリックでリンク

地域再生マネージャーの職務は、地域に常駐し、銚子市の新しいモデルとなるようなユニークなビジネスの立ち上げや、地域の産品、観光のPR、ブランド化、商業地の活性化などをお手伝いしていくもの。
地域再生マネージャーの寺井素子氏が、日々の活動の中で感じたことや銚子の歳時記、旬の産品などを紹介していかれるとのこと。

寺井素子さんのプロフィールはここ
紆余曲折と思いきやそうでもない。必然的な歩みであると思われる。

昨年度一年間、私は、彼女らと共に、公民連携(PPP)の研究をしていました。彼女は、1年で学位取得、びっくりの転身である。いや、必然ですが。
この分野の現場経験はないと思われますが、お関わりした限りでは、なんら問題ない素質と気持ちを持ち合わせた方です。現地では、若者、よそ者ですし、なんといっても利き酒師ですからね。

先月、単身、彼女は現地へ住み込みで行かれました。

夏には、私も”初”銚子体験をしたいと思っています。
[PR]
宮崎県、東国原知事の顔をもった招き猫が登場した。
a0009097_18374210.jpg


製造販売業者が知事に許可を求めたとき、あまりにも似すぎていて気持ち悪いから、少し、似ていないようにしてくれと要望しつつ、許可。それでもそっくりですよね。
猫耳がまたお似合い。左手を挙げた招き猫は、人(客)を招くとされる。(Wikipedia)

現在バカ売れで、品薄とか。特に女性から絶大な支持を受けており、「キモかわいい~」、「人が集まりそう。魔よけにもなりそうよ」と本来とは違った効果を期待する声も出ているそう。この招き猫を売り出した、ねこまや食器店(宮崎市)によると「北海道など全国から注文が殺到している」状態。「14年前から招き猫を作っているが、こんなことは初めて。」(スポーツ報知)

東国原知事は就任直後から、上京のたびに、「宮崎」をトップセールス。鳥インフル問題の終息にも一役、県経済活性に多大な貢献をしている。一般人があまり行かない、県庁にもツアー客が押し寄せ観光拠点化。おみやげ購入や、宿泊など、観光客が落とすお金は莫大であろう。

有名人に限らず、やはりトップ自らが、セールスするのはとっても効果が上がるとういうことが証明されている典型例のようですね。
疲弊する地域や、企業のリーダーは、部屋に閉じこもって悩んでいるふりをするのではなく、行動あるのみですね♪

「どげんかせんと日本!」
[PR]