タグ:地域経営 ( 3 ) タグの人気記事

 今年度の多摩市「わがまち学習講座」の企画づくりが大詰めを迎えています。
本講座(2016年10月~全7回)に参画いただくことで、地域課題に関わっていくことに対する当事者意識、責任者意識を自覚することが出来て、その後は、産官学市民連携による実行フェーズを一緒に創り上げるというような企画を構想中です。
 これまでの3カ年間で試行された「わがまち学習講座」を、徹底的に分析し、企画調整して打ち出すのが今年の「わがまち学習講座」となります。
 市民受講生が地域課題についての事実を正しく認識し、わがまち(多摩市)が、おおむね20年後にあるべき姿(あらゆる事象を克服したり、活かしたり、強めたりすることで実現する)を認識することでを描くことで、それを実現するために歩み出す第一歩を踏み出すきっかけとなります。
 受講後は、市民と産/官/学の各セクターを継続的に連携させる仕掛けを考えています。

↓ 本日の企画会議の様子。
 (多摩市役所 文化・市民協働課職員、東京都市大学・小池研究室メンバー、ファシリテーター3名)
a0009097_1516431.gif
現段階で発表出来ることは次の通りです。
・講座名「みんなで描こう 多摩市のミライ」-わがまち学習講座-
・2016年10月8日(土)~2016年12月17日(土)全7回
・講師・ファシリテータ-
 :小池星多(東京都市大学メディア情報学部 社会メディア学科 教授)
  小室 大(ダイスカンパニー代表)
  片桐徹也(東洋大学 大学院経済学研究科公民連携専攻 客員教授)
・「東京都市大学・小池情報デザイン研究室」がグラフィックファシリテーションで討議をサポート
・今年度、既に、首都大学東京プロジェクト型統合研究チームが、多摩市の課題について基礎研究を行っており、第1回目の時に、レクチャーいただきます。
 研究テーマ(5テーマ)
  :地域で関わる子育て
   アクティブシニアと地域の若者との交流(健幸まちづくり)
   歴史認識とコミュニティ形成の相関性
   東京オリンピック・パラリンピックと市民にとってのレガシー
   多摩中央公園内施設を活用した多摩センター地区の活性化
  
現在、次の役割で関わっていただける大学のゼミナール、研究室を探しております。(担当教員共)
・メディア広報
・次の各テーマに、産官学市民連携で継続的に関わって頂ける研究体
 1.子育て(子どもを育てることがうれしいと思える地域づくり)
 2.多世代交流(スマートウエルネスシティの課題)
 3.地域活性化(多摩センター地区)

 多摩市内5大学または、周辺自治体の専門領域に関わる機関のゼミ、研究室を念頭においています。
 ゼミナール(研究室)担当教員と所属学生(院生)、行政担当者、ファシリテーターが連携して、謂わばシンクタンク機能を創出していくことを目指します。(サービス・ラーニング(学びによる地域貢献)的に)
 なお、当講座は、現多摩市長と共に発案したのが発端です。
 沿線鉄道事業者様や、地域密着の企業様の協力も期待しています。(協働)

 地域の将来や、課題解決を担う人材は、自治体のみならず、地域住民や地域大学、地域の民間企業を含めたマルチステークホルダー(多様な利害関係者)を巻き込んでデザインされていくものと考えます。
 実行する主体が、「官」か「民」か「NPO」かではなく、各セクターでリスクを負っている人材が、地域課題発見、現状分析、政策形成のプロセスに模擬的、演習的に関わりながら、当事者意識や、責任者意識を自覚し、ついには、相互間の事情を認識することにより、異なるセクター間におけるコミュニケーション能力の向上、また、課題解決や、実行すべきプランを実現させるチカラが身につくことを目指します。

 期待される参加者像(必ずしも限定はしていません)
 ・概ね20~40代の地域の担い手となる意欲のある方
 ・まちの活性化に取り組む意欲のある方
 ・多摩市におけるコミュニティデザインに興味・関心のある方
 (子育て世代、社会人、市内企業所属の会社員、起業家、NPO等の職員、市内在住/在学学生、留学生等)

詳細は決定の都度、続報いたします。
なお、多摩市広報9月5日号で正式募集要項が掲載される予定です。(参加希望者は、そちらに掲載される連絡先にお問い合わせください)

少しでも関心のある、大学、研究室、ゼミの担当教員の方は、下記までお問い合わせください。
片桐(ファシリテーター)
  E-mail: katagiri【@】toyo.jp
  ※【@】の【 】を除いたアドレス宛、電子メールにてお送りください。

a0009097_22144496.jpg

[PR]
先日、お知らせした、私もパネラーとしてでます「市民討議会はどうあるべきかシンポ」の前に、フォーラムが開かれます。

市民討議会フォーラム
「市民討議会見本市」

開催:プラーヌンクスツェレ研究会・市民討議会推進ネットワーク 共催
後援:別府大学地域社会研究センター (財)日本青年館
    (社)日本青年会議所関東地区協議会 NPOまちぽっと

開催日:2008年2月23日(土)
(翌日の24日(日)には第6回プラーヌンクスツェレ研究会が同会場で開催予定です)

開催時間: AM9:30 開場 AM10:00 開会 PM17:00 閉会 PM17:30 懇親会

参 加 費:1,000円
懇親会費:5,000円(学生は半額)

会場:日本青年館 501号室
東京都新宿区霞ヶ丘町7-1(地図参照)
03-3475-2550(駐車場有:要予約)

定員:見本市定員100名、懇親会定員50名(受付先着順)

申込:①所属団体 ②お名前 ③参加人数 ④ご連絡先⑤懇親会出席の有無
を明記の上、kobari@watowa.comまでE-mailまたは03-5328-6251までFAX願います。

※翌日の研究会にもご出席予定の方で宿泊希望の方は近隣ホテルをご紹介いたします。詳しくはお問い合わせください。

問い合わせ先:
070-5468-0804(事務局長:小針)
FAX 03(5328)6251
Email: kobari@watowa.com

 中央集権型社会が制度疲労を起こし、様々な弊害が表面化しています。これらの課題解決のため国民は政治や行政に関わる必要が有ります。
 そして地方分権が進む中、独自性をもった魅力ある「まち」をつくるために、市民がまちづくりに直接参加する機会をつくることも重要です。
近年「市民討議会」が青年会議所主体で多数開催されており、多くの自治体・市民団体、マスメディア等から注目されています。
 そこでこの度、日本で行われたケースの事業紹介、また開催者の方々によるパネルディスカッショ形式のフォーラムを開催し、開催を検討している方々や研究者・メディアに広く公開し、情報交換の場を設けます。
 開催支援と手法の全国普及を目指すための場として 多くの方のご来場をお待ちしております。

詳しくは、コチラ
[PR]
東洋大学PPP大学院では、以下のようにシンポジウムを開催します。

我が国においても今後、参考になること間違いなし。是非お出でください。072.gif

サンデイ・スプリングスの衝撃  
 -完全PPP都市の出現-


米国ジョージア州サンデイスプリングス市は、すべての業務を民間建設企業に委託することを決めた。こうしてできあがった世界初の完全PPP都市。建築許可も道路工事もコールセンターも公園事業もすべて民間企業職員が約10万人の市民のニーズに応えている。住民は本当に賛成しているのか?、民間企業が公平に運営できるのか?、市職員の役割や雇用はどうなっているのか?、費用や税金への効果は?、サービスの質は下がっていないか、他地域にも広がりつつあるのか?、ビジネスとして成り立つのか? 本当に成功しているのか?  発案者で監理委員会議長オリバー・ポーター氏と運営会社CH2M HILL OMI社上級副社長ゲイリー・ミラー氏を招聘してすべての疑問にお答えします。

日時  2008年2月18日(月)
     午後13:30~17:00
     (開場1230、終了後レセプションあり)
場所  東洋大学白山キャンパス5号館
     井上円了ホール

ゲスト 
オリバー・ポーター氏(市監理委員会議長、元AT&T役員)
民による地域経営の発案者。サンデイスプリングス住民の意志そして民間企業との契約をまとめた。
ゲイリー・ミラー氏(CH2M HILL OMI社上級副社長)
同社は元々は水処理分野の得意な建設会社。現在市の運営会社総責任者をつとめる。
アート・スミス氏(NCPPP(米国PPP協会)会長)
東洋大学とPPPに関する友好協定を締結。国連東欧PPPプログラム副代表。

入場無料 同時通訳付

申込はこちらから

詳しいパンフレットはこちら
[PR]