タグ:地域活性 ( 8 ) タグの人気記事

東洋大学大学院/経済学研究科 公民連携専攻(社会人枠修士課程)も開設から新年度より早くも4年目に入ります。私自身も1期生修了のOBです。

これからの時代、ますます官と民のパートナーシップということが不可欠の要素となってきました。
PPPスクールでは、公民連携(P/PP)を、「公/民間のリスクとリターンの設計」、「契約によるガバナンス」という二つの要素をベースに、金融(ファイナンス)を組み合わせ、これまでの検証、体系化、また、米国・英仏国の事例を参考に、我が国に最適なPPP手法の適用研究を行っています。
文科省現代GP助成では、実際に各自治体と協定し、現実の問題をPPP可能性調査として在籍生とOBにて現地へ赴き、各種調査を行って市民を前に提案発表も行っています。協定自治体からは職員が院生として派遣され、1~2年間、共に研究・交流します。

PPP大学院は、DBJ日本政策投資銀行、NCPPP(米国PPP協会)とも提携しています。

以下、新年度の院生募集に関しお知らせを掲載します。転送・転載大歓迎ということで、関心のありそうな方へ周知していただければ幸いです。
また、各自治体からの相談も随時致しておりますので別途問い合わせください。



********************************転載歓迎************

東洋大学PPPスクール  3月入試説明会 開始!!

わが国で唯一PPP(Public/Private Partnership)の理論と実践を学べる社会人大学院である東洋PPPスクールが、いよいよ4月入学のための3月入試説明会を開始します。まちづくり、PFI、指定管理者などに関心はあるが壁に突き当たっている方、PPPの華麗な技と熱い心を是非実感してください。

●予約不要説明会(模擬講義、専攻の特徴、専攻FAQ、出願書類説明)
2月3日(火)1900~2030  
2月6日(金)1830~2000
場所:大手町サテライト  担当:根本祐二 本専攻主任
予約は要りません 入退室も自由です

●模擬講義「2009年の日米経済政策の行方」
2月9日(月)1900~2000  その後入試相談も可能
場所:大手町サテライト  担当:高橋洋一 本専攻教授
予約制(上限30名)
ml-ppp@ml.toyonet.toyo.ac.jp
不安定な政治状況が続くなか、ケインジアン、財政重視主義者、上げ潮派の政策論争が本格化する日本。一方では、オバマ政権の誕生により、積極財政に舵を切ろうとする米国。今最も注目される気鋭のエコノミストが、日米経済、国家財政の今年を展望します。

講師 高橋洋一 本専攻教授 
 担当科目 「財政システム論」「経済政策論」「ゼミ」

財務省出身。小泉政権期以降、経済財政諮問会議特命室、総務大臣補佐官、内閣官房郵政民営化準備室参事官、内閣参事官を歴任。
2008年度より本学教授。著書『さらば財務省』(講談社)『霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」』(文春新書)、『霞が関をぶっ壊せ』(東洋経済新報社)『日本は財政危機ではい!』(講談社) 『この金融政策が日本経済を救う』(光文社)など。『さらば財務
省!』で山本七平賞受賞。


●その他、個別相談会も多数実施しています。

1/29(木)、1/31(土)、2/ 7(土)、2/10(火)、2/14(土)、2/16(月)、2/18(水)、
2/24(火)、2/26(木)、3/2(月)、3/4(水)

詳細は専攻HPでご覧下さい。
http://www.pppschool.jp/
[PR]
a0009097_23301187.jpg本日、「夢灯り」イベントが開催されました。

永山団地名店街では、商店街の方々、瓜生小学校の関係者、地域の方々、多摩大ゼミ生が準備し、なんと650個の夢灯りが灯りました。
特筆すべきは、永山南公園内にも配置されたことです。

昨年度の同じ、12月の第一週、おそるおそるゲリラで行った時は、永山商店街の3名と私の4人+法政大ゼミ生だったことを考えると大きな成長です。

一方、諏訪名店街でも、連携独立した形で、地域の高齢者会(諏訪5丁目幸せ会)の10名の方、地域の方、法政大ゼミ生、商店会長と私で設営を行いました。
地域のPTAの方のスペシャルな協力で、諏訪小、諏訪中、諏訪(南)児童館、諏訪幼稚園、こばと保育園、諏訪北小、かしの木保育園の各児童が、400枚の絵を作成してくださり、250個の夢灯りが創られました。諏訪商店街も全体に夢灯りが灯され、ちょっといつもの雰囲気と違う冬の暖かい商店街となりました。子ども達も家族づれで訪れ、冬の夜に珍しい賑わいとなりました。

a0009097_23395670.jpg


a0009097_23402059.jpg諏訪側:初年度であまり手をかけられませんでした。

a0009097_23404926.jpg永山側:さすが2年目、工夫が見られます
a0009097_2341532.jpg切り絵にするとこんな幻想的に(大人の作品です)

諏訪名店街もいつもと違う雰囲気に
a0009097_23411962.jpg


[PR]
a0009097_14374058.jpg


直前告知ですみません。

本日、夜6時~8時まで、

・諏訪名店街(諏訪5丁目)と、
・ふれあい橋(諏訪/永山商店街を結ぶ歩道橋(都民銀行前バス停上)
・永山団地名店街、永山南公園(ゆりの木保育園横)付近

にて夢灯りを開催します。

昨年の同じ時期、ゲリラ開催して好評でしたので、今年は少しパワーアップしての開催です。

諏訪小学校、諏訪中学校生徒会、瓜生小学校、瓜生ひろば、諏訪/諏訪南児童館、こばと保育園、かしの木保育園、諏訪幼稚園等の児童達も作成していただきました。

是非、楽しんでください。

設営ボランティアに、多摩大生、法政大生、諏訪5丁目住民等の方々が関わっていただきます!(16時準備開始)
[PR]
昨日のブログに記録した、標記の試みが記事となりました。
昨年、商店街に諏訪中学校生徒によるクリスマスモニュメント制作設置をコーディネートさせていただきましたが、今年は、1年生120名(3クラス)対象に授業の一環で七夕飾り作成と発展しました。中学校も地域も初めての試みでしたが、少子傾向、高齢化、商店街の衰退というネガティブ要素を逆手にとってみたものです。

”中1授業で団地応援 多摩NT・諏訪中”

2008.6.19 朝日新聞多摩版
団地再生に中学生も協力――。活気を失っている多摩ニュータウンの諏訪団地の商店街を応援しようと、近くの多摩市立諏訪中学校(肥後忠弘校長)の1年生が、ボランティア授業の一環として助っ人に乗り出した。地域の高齢者や近隣大学の学生たちと七夕飾りを作り、商店街に来月飾って七夕セールを華やかに彩る。大学生らは昨年から商店街に協力しており、地域ぐるみの支援の輪が広がっている。(永沼仁)

記事はここからリンク
[PR]
a0009097_22132463.jpg本日、多摩ニュータウン・諏訪名店街の地域づくりの拠点”すくらんぶる~む”にて、地元の中学校への感謝状贈呈式を開催した。


昨年末のクリスマスフェスタで、商店街にクリスマスモニュメントを作成設置したいただいたことの感謝である。その概要はコチラ

a0009097_22212657.jpg
右の写真は、クリスマスセール中、飾られたままになったモニュメント。

あいにく、デザインをした生徒さんは来られなかったが、デザインしていただいた生徒さんと、生徒会へ感謝状と記念品が商店会長から手渡された。

従来は、商店街が主体でセールを行っていて、今年度法政大や国士舘大と商店街の連携支援で地域フェスタとして企画のお手伝いを行い、地元中学校にも協力依頼して実現したもの。

来年度は、地域住民をと協働して行うという検討をしている。目下、目の前の団地の老人会へ協力を働きかけているところだ。

今までは、他の主体と協力して行ったことはなかったそうだ。それぞれが独自に行事を行ってきて、それぞれの行事が疲弊しつつあり、開催ができなくなった物が少なくない。

今日も、中学校側では、担当の先生2名が引率して生徒会代表生徒が4名来てくれたが、小一時間ほど、意見交換をし、これから一緒にできることなどを話し合った。

地域と地域の団体が繋がっていく。これがニュータウン再生、地域再生、活性に繋がっていく底力になるに違いない。両者を繋ぐ中間支援は不可欠だ。まずは、来年の七夕フェスタに向けてそろりとスタートを切った。
[PR]
七夕フェスタに続き、クリスマスも開催します!

多摩ニュータウンで最も古い街区、諏訪街区にある、諏訪近隣センター。
商店街と、法政大学現代福祉学部地域づくりゼミ(指導教員:保井美樹 准教授)が連携して行われます。
詳しくは、下記、チラシをご覧ください。
目的は、商店街活性においておらず、地域づくり、地域のコミュニティづくりのきっかけ、また商店街の中におけるコミュニティの強化です。

よそ者である法政大保井ゼミが媒介することで、目的を果たそうという企画です。
近隣の、国士舘大学ウエルネスリサーチセンター多摩市立諏訪中学校生徒会ボランティアが参加してのクリスマスモニュメントづくり、諏訪児童館協力によるイベント、法政大学生サークルによるステージ出し物、市民楽団、落語などなど、笑いに包まれたHOTな2日間を繰り広げます!

a0009097_20574639.jpg諏訪中学校内公募で選ばれた作品案

中学生と教員、そして法政大生が協働して、商店街の街灯の周りに、モニュメントとして築造します。さてどのように仕上げがるのか楽しみ!
商店街も協力します。



隠れた目玉は、今回初めての隣接する永山名店街と協働して、両商店街をつなぐ歩道橋”ふれあい橋”で、12月8日、日没時間(午後4時30分頃)、”夢灯り
を灯します。近隣のデイサービスに通所する高齢者や、近隣の児童、商店主達が創った夢灯り、幻想的なロウソクの炎で照らされる幻想的な空間を、皆様是非体験してください。
当日、永山名店街より、とん汁の無料配布も行われます。

今後の諏訪・永山街区の地域づくりへの夢を、老若男女、皆で集まって語りましょう。

お待ち申し上げています!

↓ 下記、クリックすると拡大されます
a0009097_2040767.jpg

[PR]
来る9月27日(木)午後、東洋大学井上円了ホールにおいて、主催:東洋大学、日本政策投資銀行により、第2回日米PPPフォーラムが開催されます。

今回から、米国PPP協会(National Council for Public-Private Partnerships = NCPPP)が正式の主催パートナーとして参加し、米国PPP最前線紹介のパートが加わりました。

昨年度の年間PPPアワード受賞案件のジョージア州サンデイスプリングス市(市政を丸ごと民営化し建設会社(CH2M Hill OMI)が受託して運営している)や、同じく州業務の局一つを民営化したフロリダ州商務省など今もっとも注目されているprivatizationの情報を具体的に取り上げます。

また、民の自由度を最大限に広げる米国型PPPの日本初の案件として期待されている岩手県紫波町のJR紫波中央駅前町有地開発(10.7ha)の検討状況を同町の藤原町長から報告していただきます。入場は無料です。奮ってご参加ください。

申込は コチラのサイト からお願いします。

日時 2007年9月27日(木) 開場1230、開始1330
場所 東洋大学井上円了ホール (東京都文京区白山5-28-20 東洋大学白山キャンパス内)
主催  東洋大学 日本政策投資銀行 NCPPP
後援、協力 調整中

ゲスト
マネージメント・アナリシス社代表(NCPPPプレジデント)アート・スミス 氏
NCPPPエグゼクティブ・ディレクター リチャード・ノーメント 氏 
スキャンネル・プロパティーズ上級副社長 ロバート・ジェニングス 氏
岩手県紫波町長 藤原孝 氏


プログラム(予定。現在詳細を調整中です)

 1330 リチャード・ノーメント氏
       「米国PPPアワード受賞案件のケーススタディ」 
       ジョージア州サンデイスプリングス市民営化
       ワシントンDC ニューヨークアベニュー駅再整備
       バージニア州公立中学校新設
       ジョージア州水資源コミッション など  
      ロバート・ジェニングス氏
       「エンタープライズ・フロリダの成功 フロリダ州商務省民営化」
      藤原孝 氏 「JR紫波中央駅前町有地開発(10.7ha)の検討状況」

1530 パネルディスカッション
  コーディネーター  サム・田渕 東洋大学客員教授
  パネラー        リチャード・ノーメント氏
               ロバート・ジェニングス氏
               根本祐二 東洋大学教授 ほか
1600 質疑
1630 終演

入場無料、同時通訳付き
[PR]
法政大学現代福祉学部保井ゼミ(地域づくり、保井准教授)と、諏訪名店街が連携し、売り出しセールを復活させます。
多摩ニュータウンで最も古い街区。開発から40年、入居開始から36年。新たなチャレンジが始まる。
このイベントには、東京都と多摩市の「新・元気を出せ商店街事業」の補助金が入っている。
商店街の店主さん自身が高齢化しつつあり、担い手不足な所に、ここ3年、商店会協力の下、近隣センター問題、ニュータウン問題の研究のため、様々な調査を行ってきたのが縁で、近隣大学(今回は、国士舘大学と多摩美術大学)とも連携しながら、商店街の売り出しを盛り上げるため側面支援を行っています。

下記は、そのチラシです。目玉は、「七輪横丁」で、チラシには、7月7日のみ記載されていますが、前評判がよく、実際には、7月1日(日)、8日(日)にも開催予定だ。地元のスポーツ愛好中高年や、近隣で、居酒屋・飲食難民の方に注目されているようだ。新たな、商店会の取り組みにも繋がるかも知れません。

下記クリックで拡大されます。↓
a0009097_1731727.gif

[PR]