タグ:地域づくり ( 14 ) タグの人気記事

 今年度の多摩市「わがまち学習講座」の企画づくりが大詰めを迎えています。
本講座(2016年10月~全7回)に参画いただくことで、地域課題に関わっていくことに対する当事者意識、責任者意識を自覚することが出来て、その後は、産官学市民連携による実行フェーズを一緒に創り上げるというような企画を構想中です。
 これまでの3カ年間で試行された「わがまち学習講座」を、徹底的に分析し、企画調整して打ち出すのが今年の「わがまち学習講座」となります。
 市民受講生が地域課題についての事実を正しく認識し、わがまち(多摩市)が、おおむね20年後にあるべき姿(あらゆる事象を克服したり、活かしたり、強めたりすることで実現する)を認識することでを描くことで、それを実現するために歩み出す第一歩を踏み出すきっかけとなります。
 受講後は、市民と産/官/学の各セクターを継続的に連携させる仕掛けを考えています。

↓ 本日の企画会議の様子。
 (多摩市役所 文化・市民協働課職員、東京都市大学・小池研究室メンバー、ファシリテーター3名)
a0009097_1516431.gif
現段階で発表出来ることは次の通りです。
・講座名「みんなで描こう 多摩市のミライ」-わがまち学習講座-
・2016年10月8日(土)~2016年12月17日(土)全7回
・講師・ファシリテータ-
 :小池星多(東京都市大学メディア情報学部 社会メディア学科 教授)
  小室 大(ダイスカンパニー代表)
  片桐徹也(東洋大学 大学院経済学研究科公民連携専攻 客員教授)
・「東京都市大学・小池情報デザイン研究室」がグラフィックファシリテーションで討議をサポート
・今年度、既に、首都大学東京プロジェクト型統合研究チームが、多摩市の課題について基礎研究を行っており、第1回目の時に、レクチャーいただきます。
 研究テーマ(5テーマ)
  :地域で関わる子育て
   アクティブシニアと地域の若者との交流(健幸まちづくり)
   歴史認識とコミュニティ形成の相関性
   東京オリンピック・パラリンピックと市民にとってのレガシー
   多摩中央公園内施設を活用した多摩センター地区の活性化
  
現在、次の役割で関わっていただける大学のゼミナール、研究室を探しております。(担当教員共)
・メディア広報
・次の各テーマに、産官学市民連携で継続的に関わって頂ける研究体
 1.子育て(子どもを育てることがうれしいと思える地域づくり)
 2.多世代交流(スマートウエルネスシティの課題)
 3.地域活性化(多摩センター地区)

 多摩市内5大学または、周辺自治体の専門領域に関わる機関のゼミ、研究室を念頭においています。
 ゼミナール(研究室)担当教員と所属学生(院生)、行政担当者、ファシリテーターが連携して、謂わばシンクタンク機能を創出していくことを目指します。(サービス・ラーニング(学びによる地域貢献)的に)
 なお、当講座は、現多摩市長と共に発案したのが発端です。
 沿線鉄道事業者様や、地域密着の企業様の協力も期待しています。(協働)

 地域の将来や、課題解決を担う人材は、自治体のみならず、地域住民や地域大学、地域の民間企業を含めたマルチステークホルダー(多様な利害関係者)を巻き込んでデザインされていくものと考えます。
 実行する主体が、「官」か「民」か「NPO」かではなく、各セクターでリスクを負っている人材が、地域課題発見、現状分析、政策形成のプロセスに模擬的、演習的に関わりながら、当事者意識や、責任者意識を自覚し、ついには、相互間の事情を認識することにより、異なるセクター間におけるコミュニケーション能力の向上、また、課題解決や、実行すべきプランを実現させるチカラが身につくことを目指します。

 期待される参加者像(必ずしも限定はしていません)
 ・概ね20~40代の地域の担い手となる意欲のある方
 ・まちの活性化に取り組む意欲のある方
 ・多摩市におけるコミュニティデザインに興味・関心のある方
 (子育て世代、社会人、市内企業所属の会社員、起業家、NPO等の職員、市内在住/在学学生、留学生等)

詳細は決定の都度、続報いたします。
なお、多摩市広報9月5日号で正式募集要項が掲載される予定です。(参加希望者は、そちらに掲載される連絡先にお問い合わせください)

少しでも関心のある、大学、研究室、ゼミの担当教員の方は、下記までお問い合わせください。
片桐(ファシリテーター)
  E-mail: katagiri【@】toyo.jp
  ※【@】の【 】を除いたアドレス宛、電子メールにてお送りください。

a0009097_22144496.jpg

[PR]
東京・多摩市で3年度目となる同講座が今年度も開催されます。
ただいま、市民参加者を募集しています。

私もファシリテーターを担当しており、いわば、「実践プロジェクト型ゼミナール」形式で行います。
多摩市の主催ですが、官(多摩市役所)/民(ファシリテーター陣)連携で運営しします。

当該講座は、他の自治体では例が無い、市民の課題解決意識を行政がサポートしていく仕掛けです。
ただし、参加者市民のチームでの合意が必要です。そのためのワークショップを繰り返し開催します。

第1回は、2015年10月18(日)午後1時~4時 多摩市役所第二本庁舎会議室にて開催されます。
今年度のテーマは、次に3つを設定しています。
1.子育て
2.高齢福祉
3.公園緑地

(取り組み例)
個々人の地域課題の意識(当事者意識、責任者意識)をお持ちの方は、それを大事に、
これから地域と関わって行こうとお考えの方は、講座の中で決まるイベント、課題解決のための行動、チームの中で、個々人の得意なことや、特質を活かしてチームに貢献いただくというようなことが想定されます。

具体的な行動は、3つのテーマの中から興味・関心のあるチームに分かれていただき、
1.チームの中でお互いを知る、お互いのことをわかり合う、地域性や、年齢の違いによる事情の違い等を理解し合う。行政側からも把握している課題や、既にある動き、市の状況等の情報を提供いただきます。
(社会的課題の解決に繋がる実行計画を行政のアドバイスを得ながらら組みたてて行きます)
2.チームで取り組むべく現実の実行計画を立てる
3.行政のアドバイスや、地域の関係者との接点を設ける

その間、参加者と行政等との協議を重ねながら現実化していきます。

●この講座に参加して得られもの
経験してみることや、関わりを通じて、地域づくり、行政の役割、地域における人間関係、自分の特性、社会課題の解決とはどのようなことかを主体的に考え行動出来る市民となる第一歩となるような経験が出来る。

●多摩市からのお知らせページはコチラ

●お問い合せと申込みは、多摩市くらしと文化部文化スポーツ課文化学習担当へ
 電話 番号:042-338-6882 ファクシミリ番号:042-371-3711
■定員:30名(先着順)
■一次応募締め切り:平成27年9月25日まで ※講座は通して参加できる方を優先しています
■参加費:無料
■対象者:多摩市在住者、在勤・在学者でテーマについてのまち活動に関心のある方
 電子メールでのお申し込みはコチラ

第2回以降の日程
[PR]
a0009097_23301187.jpg本日、「夢灯り」イベントが開催されました。

永山団地名店街では、商店街の方々、瓜生小学校の関係者、地域の方々、多摩大ゼミ生が準備し、なんと650個の夢灯りが灯りました。
特筆すべきは、永山南公園内にも配置されたことです。

昨年度の同じ、12月の第一週、おそるおそるゲリラで行った時は、永山商店街の3名と私の4人+法政大ゼミ生だったことを考えると大きな成長です。

一方、諏訪名店街でも、連携独立した形で、地域の高齢者会(諏訪5丁目幸せ会)の10名の方、地域の方、法政大ゼミ生、商店会長と私で設営を行いました。
地域のPTAの方のスペシャルな協力で、諏訪小、諏訪中、諏訪(南)児童館、諏訪幼稚園、こばと保育園、諏訪北小、かしの木保育園の各児童が、400枚の絵を作成してくださり、250個の夢灯りが創られました。諏訪商店街も全体に夢灯りが灯され、ちょっといつもの雰囲気と違う冬の暖かい商店街となりました。子ども達も家族づれで訪れ、冬の夜に珍しい賑わいとなりました。

a0009097_23395670.jpg


a0009097_23402059.jpg諏訪側:初年度であまり手をかけられませんでした。

a0009097_23404926.jpg永山側:さすが2年目、工夫が見られます
a0009097_2341532.jpg切り絵にするとこんな幻想的に(大人の作品です)

諏訪名店街もいつもと違う雰囲気に
a0009097_23411962.jpg


[PR]
a0009097_14374058.jpg


直前告知ですみません。

本日、夜6時~8時まで、

・諏訪名店街(諏訪5丁目)と、
・ふれあい橋(諏訪/永山商店街を結ぶ歩道橋(都民銀行前バス停上)
・永山団地名店街、永山南公園(ゆりの木保育園横)付近

にて夢灯りを開催します。

昨年の同じ時期、ゲリラ開催して好評でしたので、今年は少しパワーアップしての開催です。

諏訪小学校、諏訪中学校生徒会、瓜生小学校、瓜生ひろば、諏訪/諏訪南児童館、こばと保育園、かしの木保育園、諏訪幼稚園等の児童達も作成していただきました。

是非、楽しんでください。

設営ボランティアに、多摩大生、法政大生、諏訪5丁目住民等の方々が関わっていただきます!(16時準備開始)
[PR]
昨日のブログに記録した、標記の試みが記事となりました。
昨年、商店街に諏訪中学校生徒によるクリスマスモニュメント制作設置をコーディネートさせていただきましたが、今年は、1年生120名(3クラス)対象に授業の一環で七夕飾り作成と発展しました。中学校も地域も初めての試みでしたが、少子傾向、高齢化、商店街の衰退というネガティブ要素を逆手にとってみたものです。

”中1授業で団地応援 多摩NT・諏訪中”

2008.6.19 朝日新聞多摩版
団地再生に中学生も協力――。活気を失っている多摩ニュータウンの諏訪団地の商店街を応援しようと、近くの多摩市立諏訪中学校(肥後忠弘校長)の1年生が、ボランティア授業の一環として助っ人に乗り出した。地域の高齢者や近隣大学の学生たちと七夕飾りを作り、商店街に来月飾って七夕セールを華やかに彩る。大学生らは昨年から商店街に協力しており、地域ぐるみの支援の輪が広がっている。(永沼仁)

記事はここからリンク
[PR]
今年、復活二回目、七夕フェスタが開催されます。
来る7月5日(土)、6日(日)です。

多摩ニュータウンで最も古い諏訪団地内にある、諏訪名店街を舞台に繰り広げられる。
昨年、一昨年中止されていた七夕イベントを、法政大学現代福祉学部の地域づくりゼミ(指導教員:保井美樹准教授、アドバイザリー:片桐)が支援することで復活させた。

高齢化が進み、地域経営にリスクを負う主体が不在の中、誰もが積極的に関われない中、大学の研究・教育の部分と、地域貢献策、一方、地域づくりを研究する私などのような地域づくりに関連する専門家(とNPOなど)が、商店街と住民、或いは行政の媒介役になることで実現させた。
多摩ニュータウンは、ストックが老朽化し、立て替えをしなければ、世帯も増えず、リノベーションしなければファミリー層が住めずというような37年前のコンセプトである集合住宅の固まりである。

UR都市機構や東京都が大家さんであり、分譲団地も隣接するこの街には、自らが自発的に地域経営を行うインセンティブは一般には見いだせない。

未活用低利用地域資源(レモン)を組み合わせ、活用した美味しいレモネードづくり(活性化)を行うしか今のところ方策は無いと思われる。が、それぞれの主体が大目的も持たないと、いずれその場しのぎで終わってしまい、廃れて行くに違いないのである。

よく何の目的で地域に関わるのか?と問われるが、誤解を恐れず述べれば、「商店街の活性の為でないことは確かです」ということになる。
では、何か?
地域のあらゆる層のコミュニケーションを紡ぐこと。そこから相互理解を図り、地域でどうにもならないこと行政の事業が適用出来ないところは民間の将来のインセンティブを創出するようなビジネスチャンスの可能性を高めていくための方策を進めていける人(組織)が関与し、それを繰り返しブラッシュアップを図っていくことです。財源は、”志”デスカネ(笑)

ここだけに注目しているともはや放っておくということしか答えは無いはずですが、日本の人口動態、首都圏の人口動態を見て行くとニュータウンの目指す所hあクローズアップされていきます。
逆説的に言うと、ニュータウンは普通、人口増加は無い(ストックが限られている。当然建て替えれば別。)。都営住宅は実は高齢化がどこかで鈍化する?(片親世帯と外国人の急増傾向と高齢者単身世帯の増加による数字のマジックで)
が、高齢者の実数は増える。が地方のように率が増え続けるわけではない?

街区が活性化し自立していくには、子育て世代の流入誘致と、主婦の働く場所の創出、近隣大学との連携、学生居住の増加策を政策的に行い、ベットタウンという機能のみの街から、衣食住遊学がそろった緑豊富で歩者分離が完全である子育てに最適な街で売り出すことで、民間による先行投資でそれらを達成することが出来れば民活による街づくりが可能となる。
が初期投資や、マスタープランに対する15年後程度の官による保障が不可欠である。それによって民間の投融資が可能になるのである。税の減免や、免除などは官側が簡単にできる投資である。それが事業のストラクチャーを構成させることになる。

今週からフェスタ準備が本格化します。

多摩大、ニュータウン商店街ビジネス開発プロジェクトゼミ(指導教員:片桐)による”七輪広場”プロジェクト開始。とりあえずは、倉庫から昨年使用した七輪を出してみる。
a0009097_0274659.jpg


大妻女子大、よさこいソーランサークルの現地調整。(当日の進行、パレードの調整)
a0009097_0414932.jpg


法政大、地域づくりゼミ(指導教員:保井美樹准教授)による七夕飾り、昨年のもの整理と見立て、製品発注準備(商店会長と共に)
a0009097_0453463.jpg


諏訪中学校1年生と地域住民(高齢者、団塊世代)+多摩大・大妻女子大・法政大生有志による七夕飾り製作(「総合の学習」の一環で地域住民と中学生が協働する地域貢献)
a0009097_0522947.jpg
[PR]
a0009097_20185262.jpg多摩ニュータウンの映画が完成し、本日、関係者がみられるというゼロ号試写に行ってきました。
写真(右)は、挨拶をされる南 文憲さん(プロデューサー)


多摩ニュータウン わたしの街

開発開始から40年、入居開始から37年が経過した多摩ニュータウンで最も古い街区、諏訪・永山地区が題材だ。
「人」にクローズアップされている。

「もうオールドタウンとは呼ばせない」というキャッチフレーズで撮影されていた。
高齢化が進み「ゴーストタウン」と報道されることが多いが、いやいや、皆さん元気に生きている、むしろ暮らしやすい街、そしてコミュニティが広がり続けているという映像がたくさん出てくる。

ちなみに、「多摩ニュータウン映画政策委員会(事務局)」は、我がオフィスの隣(諏訪商店街)です。夜な夜な編集作業が繰り広げられてきました。

新しい物語が、今、この多摩丘陵で始まろうとしている。それを現実化、予感させる仕上がりとなった。

下記、パンフの通り、4月13日と20日に試写会が行われる。

a0009097_20112831.gif

[PR]
先日、お知らせした、私もパネラーとしてでます「市民討議会はどうあるべきかシンポ」の前に、フォーラムが開かれます。

市民討議会フォーラム
「市民討議会見本市」

開催:プラーヌンクスツェレ研究会・市民討議会推進ネットワーク 共催
後援:別府大学地域社会研究センター (財)日本青年館
    (社)日本青年会議所関東地区協議会 NPOまちぽっと

開催日:2008年2月23日(土)
(翌日の24日(日)には第6回プラーヌンクスツェレ研究会が同会場で開催予定です)

開催時間: AM9:30 開場 AM10:00 開会 PM17:00 閉会 PM17:30 懇親会

参 加 費:1,000円
懇親会費:5,000円(学生は半額)

会場:日本青年館 501号室
東京都新宿区霞ヶ丘町7-1(地図参照)
03-3475-2550(駐車場有:要予約)

定員:見本市定員100名、懇親会定員50名(受付先着順)

申込:①所属団体 ②お名前 ③参加人数 ④ご連絡先⑤懇親会出席の有無
を明記の上、kobari@watowa.comまでE-mailまたは03-5328-6251までFAX願います。

※翌日の研究会にもご出席予定の方で宿泊希望の方は近隣ホテルをご紹介いたします。詳しくはお問い合わせください。

問い合わせ先:
070-5468-0804(事務局長:小針)
FAX 03(5328)6251
Email: kobari@watowa.com

 中央集権型社会が制度疲労を起こし、様々な弊害が表面化しています。これらの課題解決のため国民は政治や行政に関わる必要が有ります。
 そして地方分権が進む中、独自性をもった魅力ある「まち」をつくるために、市民がまちづくりに直接参加する機会をつくることも重要です。
近年「市民討議会」が青年会議所主体で多数開催されており、多くの自治体・市民団体、マスメディア等から注目されています。
 そこでこの度、日本で行われたケースの事業紹介、また開催者の方々によるパネルディスカッショ形式のフォーラムを開催し、開催を検討している方々や研究者・メディアに広く公開し、情報交換の場を設けます。
 開催支援と手法の全国普及を目指すための場として 多くの方のご来場をお待ちしております。

詳しくは、コチラ
[PR]
私も、パネラーとして参加させていただくシンポジウムのお知らせをします。

多摩市では、去る12月2日に「TAMAMIRAI2007多摩市民まちづくり討議会」を"プラーヌンクスツェレ"といわれる方法で行った。

参考URL 市民討議会推進ネットワーク

私は、この討議会の実行委員を担い、準備段階から関わりました。当日は、討議グループのお世話係として、生の声を聞き、市への答申の歳には、お集まり頂いた市民の方へ報告を行いました。
その事を通して、市民参加の手法、サイレントマジョリティーを如何に引き出すのか、自治とは何かの課題を持って参加した結果を報告したいと思います。

●多摩市のサイト
つたえようあなたの思い TAMAMIRAI 2007 多摩市民まちづくり討議会
テーマ 「市民が求める多摩市の図書館・図書館サービス」
http://www.city.tama.tokyo.jp/machi/kyodo/pubcom/toshokan_tougi.htm

つたえようあなたの思いTAMAMIRAI2007多摩市民まちづくり討議会報告書

「討議会」が市民参加のあり方として、どのような位置づけになるのか。また、民主主義における討議デモクラシーの方法と実態について、 今後、益々「まちづくり」に重要となる市民参加のあり方についてシンポジューム形式で考える。

と言うことで、シンポジウムが開催されます。

イベント名:「新しい市民参加の方法はどうだった?」 
~市民のための市民討議会はどうあるべきか?~
●日時 2008年 3月 1日(土) 14時00分~16時30分
●会場 ベルブ永山4F集会室
●参加 先着順 一般市民 40~50人
●場所: 東京都・多摩市永山  最寄り駅: 京王線・小田急線 永山駅

●講師
○コーデネーター:辻 利夫氏 (NPO法人 まちづくり支援・東京ランポ 事務局長)
 ・自治における新しい市民討議会の状況、"プラーヌンクスツェレ"の方法の日本、東京近郊の状況及び成果、自治体は答申・提案をどのように生かしたか。 

○パネラー:小針憲一氏(多摩市民まちづくり討議会サポート者)
 (日本青年会議所関東地区東京ブロック協議会政治行政政策委員会委員長  所属:東京青年会議所)
 ・"プラーヌンクスツェレ"をはじめられた状況や「多摩市の討議会」をサポートされ感じたこと

○パネラー:会田勝康氏(多摩市役所 企画部企画課長)
 ・市民討議会について企画課の立場からどのように見ていたか。今後の位置づけをどのように考えるか。

○パネラー:片桐徹也氏(多摩市民まちづくり討議会実行委員会委員 報告会発表者)
 ・新しい市民討議会の実行委員を経験して何を感じたか、今後の市民参加の有り方について、討議会はどのような位置づけになると考えるか。また。実行した上での課題を含め話していただく。

○パネラー:三好正義氏(多摩市民まちづくり討議会参加者)
 ・多摩市民まちづくり討議会に参加して、感じたこと。この方法は市民参加になり得るか。

●参加費: 資料代:300円

●主催・問い合わせ:多摩市まちづくり研究会 橋本又は小荒井
 電話 橋本: 042-355-5135
     小荒井:042-375-9180
[PR]
七夕フェスタに続き、クリスマスも開催します!

多摩ニュータウンで最も古い街区、諏訪街区にある、諏訪近隣センター。
商店街と、法政大学現代福祉学部地域づくりゼミ(指導教員:保井美樹 准教授)が連携して行われます。
詳しくは、下記、チラシをご覧ください。
目的は、商店街活性においておらず、地域づくり、地域のコミュニティづくりのきっかけ、また商店街の中におけるコミュニティの強化です。

よそ者である法政大保井ゼミが媒介することで、目的を果たそうという企画です。
近隣の、国士舘大学ウエルネスリサーチセンター多摩市立諏訪中学校生徒会ボランティアが参加してのクリスマスモニュメントづくり、諏訪児童館協力によるイベント、法政大学生サークルによるステージ出し物、市民楽団、落語などなど、笑いに包まれたHOTな2日間を繰り広げます!

a0009097_20574639.jpg諏訪中学校内公募で選ばれた作品案

中学生と教員、そして法政大生が協働して、商店街の街灯の周りに、モニュメントとして築造します。さてどのように仕上げがるのか楽しみ!
商店街も協力します。



隠れた目玉は、今回初めての隣接する永山名店街と協働して、両商店街をつなぐ歩道橋”ふれあい橋”で、12月8日、日没時間(午後4時30分頃)、”夢灯り
を灯します。近隣のデイサービスに通所する高齢者や、近隣の児童、商店主達が創った夢灯り、幻想的なロウソクの炎で照らされる幻想的な空間を、皆様是非体験してください。
当日、永山名店街より、とん汁の無料配布も行われます。

今後の諏訪・永山街区の地域づくりへの夢を、老若男女、皆で集まって語りましょう。

お待ち申し上げています!

↓ 下記、クリックすると拡大されます
a0009097_2040767.jpg

[PR]