私も協力させて頂いている、iSB公共未来塾(公民連携(PPP)による、新しい公共の担い手、社会的事業、社会起業家を育成)にて、標記の講座を開始します。募集を開始しました。

 ※iSB公共未来塾:地域社会の課題をビジネスの手法を用いて解決し、「公共の未来」を切り開く社会的企業の起業家やスタッフを養成するビジネススクールです。内閣府の「地域社会雇用創造事業」の一環として開講されています。

 
この講座は、私(片桐)がコーディネーターをさせていただいています。
受講生と一緒に、当該、社会的課題を解決し、「新しい公共」を担う、社会的事業を世の中に創出させるため、当事者と関心のある利害関係者、必要な、官公庁との連携を図りながらの講座、ゼミ形式の討議を開催することで、実際に「一般社団法人」(想定)の設立を目指すものです。
その目的は、発達障がいの早期発見のための施策の充実化と、当事者支援を行う仕組みを公民連携で行うことにより、当事者の負担軽減と、障がいの経度化を図ること、また、自治体や国の将来財政の軽減を図ることを目指し、先行投資をすることで、当事者であり、リスクを負担出来る、親の会等の民の担い手が、運営経営していくことで、より効率的に効果的に、社会的課題の解決に繋げるものとします。

※個人としてご自分の地域における主体の立ち上げを検討する方も大歓迎です。

【詳細】
受講期間    2011年5月22日~8月31日
受講場所   東京・千駄ヶ谷会場(最寄り駅:JR千駄ヶ谷駅、東京メトロ北参道駅・外苑前駅)
講座時間帯 主に平日昼間
※ご都合がつかず欠席する講座は、オンライン講座で受講することにより単位取得可能です。
受講料    無料(交通費やインターン活動に関する諸費用がかかる場合には、ご負担いただきます)
申込期間   募集中(原則的に5/21(土)午前まで)

★詳細はコチラ 

■講座概要
 発達障がいの早期発見、早期支援策の充実は、その後の当事者やご家族、地域や、自治体にとっても、極めて有意義なことであります。
 現在は、その分野における公的機関の役割が在るべき姿でなされていれば、その効果が劇的にもたらされることに繋がることが明白であります。
 財政硬直の折り、国や自治体による公的措置は、平等主義や画一的なものになりがちで、その結果、後手後手になることもあり、税の投入の効果が、非効率を生む結果となっていると言えます。
 一方で、民である当事者は、自らのリスクで支援組織の運営や相談、支援組織を独自で行っていることが、画期的な効果を現していることが見受けられる。
 そこで、公的資金が投資的にその主体者にもたらされることで、その効果が相乗的に現れ、結果、公的な将来負担の低減に繋がるとともに、早期発見の啓蒙も行うことができるようになるなどの効用が期待されます。

iSB公共未来塾では、「新しい公共」の精神に則り、「発達障がい」の早期発見、早期支援を公民連携体で担う、法人設立を実践的に目指します。
 公民連携の専門家や、各種障がいに取り組んでいる専門家、活動家は基より、行政職員との連携も実践的に目指します。
 塾生同士協力関係で、地域や国レベルの課題解決を目指すことでも、個人的に地域支援事業を立ち上げることでも、その両方に対応する講座とします。

 ★5月22日(日)午後に出席可能な方は、公民連携の基礎講座、そして、受講希望の出席者で若干のミーティングも行います。(要予約)
 詳しくは、別途ご案内します。
[PR]
下記の通り、東洋大学大学院経済学研究科公民連携(P/PP)専攻の関連メンバーに同行して、岩手県被災地の視察と今後の支援のための調整を行ってきました。

【概要】
■期間:2011年4月28日(木)~5月3日(火)

■調査場所:岩手県遠野市・釜石市・陸前高田市・大槌(おおつち)町・山田町・大船渡市・住田町

■調査メンバー:東洋大学PPP研究センター
           教員:根本祐二教授(東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻)
           リサーチ・パートナー:計6名、社会人院生:1名

■調査テーマ:被災自治体に対する後方支援業務の実態調査
■調査趣旨 :被災地の自治体は、庁舎、職員自体が被災しており、被災者の救援、復旧、復興のための十分な体制がないため、都道府県、国、NPO、公益団体、ボランティア、民間企業がそれぞれの立場で被災地の支援を行っており、広い意味でのPPP(公民連携)と言える。本件は、近隣及び遠隔の自治体が被災自治体を支援する後方支援業務の実態を調査するものである。

■東洋大学PPPスクール震災対応プロジェクトWebサイトはコチラ

●個人テーマ(片桐):壊滅的被害を受けた地域コミュニティの長期復興支援のあり方
              土木技術者から見た、震災後50日経過後の社会基盤インフラの実態
              役場庁舎が全壊した自治体の仮復旧の状況
              長期避難を余儀なくされている地域におけるコミュニティ復活の手立て
              長期復興にいける都道府県や基礎自治体のあり方と道州制


【4/28(木)】
・東北新幹線が翌29日より開通という情報があるが、より確実に現地入りし、時間を有効活用するため、深夜高速バスにて、岩手県入りすることとしました。
 業務を終えて、

午後11時、東京・信濃町 聖徳記念絵画館前出発 執着、青森行き(途中、JR北上駅下車)
 GW前ということもあり、故郷へ帰省する学生さんがほとんどという感じで満員。増発されて2台でランデブー運行。
 途中、東北自動車道は、福島県内と、岩手県に入ったところで、路面が波打っており、地震による揺れを想像させます。
 サービスエリアでは、関東や中部地区ナンバープレートのファミリー車で満杯で、故郷へ帰省するという感じに見受けられました。観光という感じの車輌は無いように感じました。

(4/29(金)早朝4:30頃のSA)
a0009097_12551373.jpg


(SA内にあったサイン寄せ書き)
a0009097_12551352.jpg


(続く)次は、【4/29(金)】釜石市視察・遠野市ヒアリングの報告
[PR]
# by kata0311 | 2011-05-09 17:14 | コラム
今、再び話題の曲。元気づけられます。

本田 路津子(ほんだ るつこ)は日本の元フォークシンガー、現ゴスペルシンガー。
NHK紅白歌合戦にも2回出場-第23回NHK紅白歌合戦で本曲を歌った



プロフィールはこちら


  「一人の手」
                作詞:アレクシス・コムフォット
                作曲:ピート・シーガー
                訳詞:本田路津子

   一人の小さな手 何もできないけど
   それでも みんなの手と手をあわせれば
   何かできる 何かできる

   一人の小さな目 何も見えないけど
   それでも みんなの瞳でみつめれば
   何か見える 何か見える

   一人の小さな声 何も言えないけど
   それでも みんなの声が集れば
   何か言える 何か言える

   一人で歩く道 遠くてつらいけど
   それでも みんなのあしぶみ響かせば
   楽しくなる 長い道も

   一人の人間はとても弱いけれど
   それでも みんながみんなが集れば
   強くなれる 強くなれる

   一つの主の体 枝枝違うけど 
   それでもみんなが一つに結ばれて 
   強く生きる 強く生きる

※6番は、正式にはありません。映像にもありません。クリスチャンとして後からご本人が追加しています。
[PR]
# by kata0311 | 2011-04-17 19:04 | 震災復興
★多摩大学のHPは、仙台にあり障害のため、正式版がみられません。暫定版になっています。(久恒先生ブログより)
http://d.hatena.ne.jp/k-hisatune/20110312

■「福島・相馬で被災された、多摩大生、高橋さん(2年生)関連のtweet集」をトゥギャりました。
http://togetter.com/li/111236

多摩大学経営情報学部の2年生の学生の高橋さんが、福島県相馬市の実家へ帰省中、地震、またその後の大津波で被災した。ご本人は、なんとか助かりましたが、3/13(日)20:00現在、ご家族が行方不明。時折、可能となるネット環境を利用して、現地より、本人によるtweetがなされている。時間と共に、仲間からの応援メッセージがtweetされはじめている。3/13日中、同ゼミ生によるtweetで、所属ゼミの掲示板で応援メッセージを書き込もうというメッセージが発せられた。
※この解説文では、プライバシーに配慮して、ご本人が公開していない個人情報の公開を差し控えさせていただきました。

●同級生によるtwitterでの呼びかけ
野田ゼミ生以外の人もよろしくお願いします!【RT】震災で苦しんでいるゆかりyuka_rita (@なしにしています。)に声をかけよう。RTだとゆかりの携帯電池の消耗が激しいから野田ゼミ掲示板
http://noda-21.bbs.fc2.com/
を利用してください!

兎にも角にも、高橋さんが励まされるように、応援しよう。

他に、学生や教職員の被災者がおられたら、大学か、身近な教員に連絡をと呼びかけています。
[PR]
# by kata0311 | 2011-03-13 22:34 | コラム
本日、3/13(日)、Seiseki Sunmarche は、諸般の事情により中止といたしました。
多摩大学のゼミで開催協力を行っております。

今回の東日本大震災・大津波災害で被災、お亡くなりになられた方への心からの哀悼の意を表します。


前回もサンマルシェで大人気だったパン粉製造40年のベテラン丸永商店さんの揚げたて熱々コロッケ
、本日のために準備していましたが、これを休日返上で販売いたします。

10:00~聖跡桜ヶ丘一の宮商店街・加々美クリーニング店横)。多摩市一ノ宮3-11-8。

通常は解放していないパン粉工場ですが、急遽本日工場前で揚げたてコロッケを販売します!!
普段は食べれないパン粉やさんの美味しいコロッケ、これをきっかけにどうぞご利用くださいませ。

★コロッケ80円 コロッケパン130円

access
は川崎街道の高松建設の工事現場とカッキョウ料理の広真の間を左に曲がってすぐ!
聖蹟桜ヶ丘西口から川崎街道を一宮交差点に向かって川崎街道を徒歩5分ほどです!
大門さんの近くです。宜しくお願い致します。

http://seiseki-s.com/htm/shop/detail.asp?id=i051

(Seiseki Sunmarche実行委員会)
[PR]
# by kata0311 | 2011-03-13 09:35 | マルシェ
私も協力、応援させていただいております、「iSB公共未来塾」では、第三期開講を記念しまして、公開セミナーを開催します。
 iSB公共未来塾は、地域社会の課題をビジネスの手法を用いて解決し、「公共の未来」を切り開く社会的企業の起業家やスタッフ養成するビジネススクールです。
内閣府の「地域社会雇用創造事業」の一環として開講されます。

1月24日から始まる通常国会では、スポーツ基本法制定に向けた議論が本格化します。文科省のスポーツ予算は、過去最高の228億円となり「地域にスポーツ拠点」が出来ることで地域振興や、トップ選手のセカンドキャリアでの活躍も期待されます。
ここで、縮減社会を迎えた我が国において、「新しい公共」を、持続的な地域経営、地域づくりの観点から、識者に緊急にお集まりいただき、会衆も交えて、官-民(企業)-新しい市民(主体的に役割を担う市民)のパートナーシップのあり方を討議いたします。

 スズカンこと、鈴木寛文科副大臣(参議院議員):新しい公共、スポーツ振興
 藻谷浩介様((株)日本政策投資銀行・参事役):人口論、地域振興
 由井昌秋様(東京ヴェルディ1969フットボールクラブ(株)取締役):東京ヴェルディJ1奪還、再生を目指す
 後藤泰久氏(多摩市副市長):東京ヴェルディホームタウンの一つである自治体、多摩国体2013を控えて、ニュータウン地域再生


なお、当日は、ユーストリームで生中継されると同時に、録画も公開いたします。
(iSB公共未来塾のWebサイトにツイッターが表示されます。当日その中で告知いたします)

当日の模様は、ユーストリームで見られます コチラをクリック

a0009097_12551499.jpg

第三期公開セミナー(東京)開催のお知らせ
iSB公共未来塾東京事務局では、第三期公開セミナーを開催いたします。

■日時:2011年1月23日(日)13:30~19:50

■会場:スタジアムプレイス青山 会議室
東京都港区北青山2-9-5
<アクセス>
http://www.sp-aoyama.jp/access/
東京メトロ銀座線「外苑前」駅(3番出口)から徒歩2分

■セミナー概要:
14:30~15:00 総論・テーマ1
(講演)「デフレ」時代を生き抜く「地域力」とは?~地域力・協働力・参画力~
講師:藻谷浩介氏(日本政策投資銀行地域企画部地域振興グループ参事役)


15:00~16:20
総論・テーマ1
(シンポジウム)
「地域のパートナーシップによる地域づくりを考える~スポーツ基本法と地域スポーツ振興-地域サポーター・クラブ・自治体の役割分担~」


 
 ★パネリスト:
  鈴木寛氏(参議院議員・文部科学副大臣)>
  由井昌秋氏(東京ヴェルディ1969フットボールクラブ取締役)
  後藤泰久氏(多摩市副市長)
 
 ★コーディネーター:
  藻谷浩介氏(日本政策投資銀行地域企画部地域振興グループ参事役)


16:30~18:00 演習「ワールドカフェ」

18:20~19:50 総論・テーマ2
「公民連携・公共サービス改革」
講師:後房雄(名古屋大学大学院法学研究科教授、一般社団法人日本サードセクター経営者協会代表理事)


■費用:無料

■定員:80名

■お問い合わせ、お申し込み:
サブジェクトに《公開セミナー参加申し込み/お問い合わせ》と記載し、
iSB公共未来塾東京事務局(i-sb.apply@coco-on.jp) までご連絡ください
※1/21以降のお申し込みには返信できない恐れがありますが、立ち見になることがありますことをご了承の上、お越しください。
なお、

■iSB公共未来塾
Webサイト: http://i-sb.org/

現在、iSB公共未来塾では、これからフリースケジュールプラン2月生の募集、4月(予定)で第4期生の募集を予定しております。詳細はWebサイトでご確認ください。
なお、ご興味がおありになる方、是非、今回の公開セミナーにご参加くださいませ。」
また、当日は、ユーストリームで生中継されると同時に、録画も公開いたします。
(iSB公共未来塾のWebサイトにツイッターが表示されます。当日その中で告知いたします。
または、 @iSB_tokyo をフォローください。)


a0009097_12551441.jpg
デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
角川書店(角川グループパブリッシング)
藻谷 浩介

a0009097_12551474.gif

Amazonアソシエイト by
a0009097_12551437.gif


a0009097_12551434.jpg
【入荷予約】 デフレの正体
楽天ブックス
商品副データ経済は「人口の波」で動く※1/15以降の発送となります。 角川oneテーマ21藻谷浩介角

a0009097_12551492.gif

楽天市場 by
a0009097_12551437.gif



[PR]
# by kata0311 | 2011-01-22 10:43 | 地域経営
昨年中は大変にお世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いします。
(昨年より年賀状によるご挨拶をやめております)

a0009097_12551592.jpg

[PR]
# by kata0311 | 2011-01-01 00:01 | コラム
就職を考える学生を中心に、大学生向けの非常に興味深いセミナーが開催されますので、ご推薦させていただくと共に、ご案内させていただきます。

私が事務局をつとめます、NPO法人地域経営支援ネットワーク(ComPus)の理事長で、DBJ日本政策投資銀行の参事役でもある、「藻谷浩介」さんが若き志の高い大学生に向けて「志塾」を開催します。
このイベントを期に若手の育成ということも検討していきますので、我こそはと思った方は申し込んで参画してください。
必要なのは、「時間を確保すること」「機会を活かすこと」です。
今回は、スポンサーがつきましたので、「無料」で参加できます。


【講演会概要】

テーマ:学生のための“夢応援”セミナー「平成藻谷塾」
     日本はこう変わる。
      移りゆく社会状況を的確にとらえる目を持って、夢を実現させよう!
日 時:10月9日(土) 14:00~17:00
場 所:渋谷・こどもの城研修室  電話:03-3797-5677
     http://www.kodomono-shiro.or.jp/hotel/
会 費:無料
講 師:藻谷浩介氏

めまぐるしい政権交代や長引く不況。
これからますます高齢化する社会構造。
定年退職者は増えているのに企業の新卒採用人数は減少一方。
周りを見れば暗い話題ばかりの現代だけど、
でも、日本は本当にお先真っ暗なの?
真実は、統計数字が指し示しています。
では、その数字をきちんと読み取って分析してみたら、
もしかしたら全く違う世界が見えてくるかもしれません。
これからの社会がどのように変わっていくか、
その中で君たちは何をすればいいのか…?
平成合併前の全国3200市町村を私費でほぼすべて踏破した藻谷氏が、
客観的事実と実体験から講演してくださいます。

■藻谷浩介氏プロフィール
1964年山口県生まれ。
東京大学法学部卒業・米国NY市コロンビア大学経営大学院(ビジネススクール)卒業。
(株)日本政策投資銀行(旧・日本開発銀行)地域企画部地域振興グループ参事役。
NPO法人ComPus地域経営支援ネットワーク理事長
日本全国を市区町村レベルで踏破し、地域観光・産業問題について政府審議会委員を歴任するかたわら、全国で年間400回以上の講演を行なう。
著作:「実測!ニッポンの地域力」(日本経済新聞出版社)、
    「デフレの正体~経済は人口の波で動く~」(角川書店)

【申込方法】
下記内容をメールでお送りください。
1.氏名
2.年齢
3.住所
4.学校
5.学年
6.メールアドレス
7.電話番号
8.今最も関心のあること
◆メールアドレス/ info@ha2.co.jp

お問合せ:Tel/03-5786-1218 Fax/03-5786-1219
     (有)HA2「平成藻谷塾」係

※当講演会の応募に際しいただいた個人情報は、応募内容の確認や講演会情報の
送付などの目的にのみ利用し、他の目的には利用しません。
※個人情報をご本人の同意なしに業務以外の第三者に開示・提供することはありません。

以下、チラシ
a0009097_12551508.jpg






a0009097_12551441.jpg
デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
角川書店(角川グループパブリッシング)
藻谷 浩介

ユーザレビュー:
a0009097_12551693.gif
誤魔化されがちな人口 ...
a0009097_12551611.gif
ベストセラーの正体: ...
a0009097_12551697.gif
惜しい。。一読して、 ...

a0009097_12551474.gif

Amazonアソシエイト by
a0009097_12551437.gif

[PR]
# by kata0311 | 2010-10-06 22:10 | 地域経営
2010年9月12日(日)10:00~16:00(雨天中止)

ぜひ、聖蹟桜ヶ丘 九頭龍公園へ、足をお運びください!!
会場へのMAPはコチラです。

にて、「ハンドメイドの雑貨市」が、多摩市の聖蹟桜ヶ丘にて開催されます。
cafe sakura」の店主と、そこに集まるお客さんであるアーティストが中心に組織された「seiseki sun marche 実行委員会」(主催)、せいせき観光まちづくり会議(共催)、多摩大学経営情報学部EXプロジェクトゼミ(担当教員:片桐)の有志も支援させていただき開催の運びとなりました。

当ゼミでも、「サービスラーニングによる地域づくり」の一環にて、企画支援や、地域と多摩大学の連携(協力)における資機材の貸与供給などの中間支援を行っています。
他に、「梅澤ゼミ」の有志による当日運営スタッフの受け入れ、法政大学大学院生などの支援も得ています。


マルシェのお楽しみ その1 *こだわりのハンドメイド作家マーケットのお楽しみ*
普段ネットでしかお目にかかれない作家さんの作品にも出会えます。
ぜひお気に入りを見つけてください!
参加決定のアーティストはこちら

マルシェのお楽しみ その2 *いろいろな食の楽しみ*
会場内にキッチンカーがやって来ます!
ネオ屋台村告知ページはコチラ
「東京オムレツ」
注文を聞いてからお好みの具でオムレツを焼いてくれます。
「鯛焼きのよしかわ」
こだわり餡子のタイ焼きと、昔懐かしい風味のアイスキャンディーです。

他にも
マクロビオティックスウィーツ、
おいしい北海道産トマトジュース、
cafe sakura の焼きたてパン&park cafe、

そしてこちらは、当ゼミが誘致させていただいた
地域協働推進機構 Aチーム」が埼玉県鶴ヶ島産の新鮮野菜販売を行います。
 当日は、「あべかな」さん(ナチュラル系女子←当ゼミ生がひそかな名付け親とか。。。)がおいでいただけます。
 あべかなさんのブログはコチラ


公式案内ページコチラをクリック。
※なお、来月10月の第2回の出展案内もしています。

また、「Cafe Sakura」では、様々な興味深いイベントも行っています。詳細はコチラ
婚活カフェなどは、パン作りを粉からこねて行うようですよ。その人柄が垣間見られてよいのでは♪

ゼミとのタイアップでおもしろいイベントも共催してみたいと思っている今日この頃。
[PR]
# by kata0311 | 2010-09-11 12:52 | マルシェ
(更新)下記画像の解像度を上げました。
クリックすると大きくなります。

a0009097_12551616.jpg


a0009097_12551732.jpg


私もメンバーである、NPO法人地域経営ネットワーク(ComPus)主催、当NPO法人理事長であり、地域活性化の指南役・藻谷浩介氏と、萩ガラス工房有限会社社長・藤田洪太郎氏が、萩ガラスの誕生と復活のストーリーを語ります。
萩ガラス、萩のお酒とおつまみ、
そして「にっぽんの…」自慢のお料理とともに、
楽しいお話をお楽しみ下さい。

幕末の長州で、ほんのひととき輝きを放った萩ガラス。
“日本中のその土地土地にある豊かな自然と食の文化が、人やまちを元気にする”
というコンセプトの『にっぽんの…』で、
地域活性化指南役の藻谷浩介氏と、萩ガラス工房社長・藤田洪太郎氏の二人が
萩ガラスの誕生と復活にまつわるストーリーを語ります。
地元の石英玄武岩から生まれる淡い緑色を特徴とする萩ガラスと、
時間に埋もれていた優れたものづくり技術の、
復活裏話をお楽しみください。
萩ガラスを片手に、
萩のお酒と食材を使った料理を味わいながら、
地場産業の可能性をご一緒に考えたいと思います。

◆開 催 日:2010年9月7日(火)18:00 受付
◆プログラム:18:30~「萩ガラス~その誕生と復活のストーリー~」
        藻谷浩介氏(日本政策投資銀行 参事役/NPO法人ComPus 理事長)
        藤田洪太郎氏(萩ガラス工房有限会社 社長)
       *萩ガラス酒器と萩のお酒・おつまみとともに
       20:30~ 懇親座談会
        *『にっぽんの…』自慢のお料理を囲んで…
21:30 終了予定
◆参 加 費:6,000円(お一人さま) *飲み物・お料理付
◆会   場:『にっぽんの…』
東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル地下1階 Tel:03-3211-3333 
http://blog.nipponno.com/

◆お申し込み
 8月31日(火)までに、①ご芳名 ②ご所属 ③お肩書き ④ご連絡先ご住所 ⑤お電話番号
 ⑥メールアドレス をご記入のうえ、
 下記宛てFAXかメールにてお申込下さい。
※詳しくは、上記ポスター(チラシ)をクリックしてください。
Fax:03(5786)1219
E-Mail:info@ha2.co.jp
なお、満員の際にはお断りさせていただくこともありますが、ご了承いただきますようお願いいたします。

◆お問合せ
 有限会社HA2 森本
 Tel:03-5786-1218
 E-Mail:info@ha2.co.jp
[PR]
# by kata0311 | 2010-08-24 12:44 | コラム