<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

東洋大学大学院経済学研究科公民連携(P/PP)専攻では、この数年研究テーマともなっている、民間運営の自治体、米国・ジョージア州サンデーィ・スプリングス市。

著者は、この市の民間運営に直接関わったオリバー・W・ポーター氏。
この度、東洋大学PPP研究センターのリサーチパートナー(院生・OB)らが翻訳を行った。

先進国においては、少子高齢化による国や地方の財源の減少により、もはやどの政権に変わろうとも、官から民への流れは歴史的必然であるといわれます。そうした中で重要となる、官と民が協働し、両者がリスクとリターンのシェアリングを行いながら市民が求めるサービスを効率的に提供する手法、 PPP(Public/Private Partnership:公民連携)とは何か。

すべての業務を民間企業に委託し、職員が4名しかいない米国サンディ・スプリングス市。
一体どのように運営されているのか?誕生に携わった著者の実体験は分権論議が盛んな現代日本でも注目の的。

a0009097_12552103.jpg

★2009年8月21日発行★(予約受付中)
『自治体を民間が運営する都市~米国サンディ・スプリングスの衝撃~』
時事通信社
ISBN:978-4-7887-0967-6
オリバー・W・ポーター 著
東洋大学PPP研究センター 翻訳
根本祐二・サム田渕(大学院経済学研究科公民連携専攻教授)監修
定価:2,625円 (税込)



本日現在、ネット書店では未発売です。
時事通信社出版局にて予約を受けつけています。書籍紹介サイトはコチラ

【主な内容】
第1部 サンディ・スプリングス市の誕生
 背景/工程表/実現可能性の調査/州法の制定/住民投票/実行/
 サンディ・スプリングスに関する州知事委員会/民間との契約/
 迅速な対応/競争的な契約/結論
第2部 PPPモデルの成果と発展
 最近の動向/PPPのメリット/組織/契約/障害/
 未来/日本からの関心/結論
第3部 日本への応用可能性
 四街道市との比較/日米比較による導入課題の整理/
 導入のポイント/PPPの観点からみたサンディ・スプリングスの評価

東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻
東洋大学は2006年4月に日本ではじめて公民連携(Public/Private Partnership)のプロを育成する大学院経済学研究科公民連携専攻を開設しました。その先駆性と成果が認められ、2007年度の文部科学省大学院教育改革支援プログラムに選定、2009年にはPPP研究センターを設立し、社会人大学院生の教育とともに地域での具体的なPPPプロジェクトの推進役を担っています。
[PR]
先日、「財団法人まちみらい千代田」の関さんから、お話をお聞きしていましたが、いよいよ募集が開始されました。

地方、特にローカルなエリアの町、村、もちろん小規模市もですが、東京にサテライトオフィスを設けるチャンスです。
●東京都千代田区(竹橋駅前)、皇居隣接、気象庁のお隣、大手町再開発地域の隣接地
●フリーアドレス(自由席)デスク
●「財団法人まちみらい千代田」職員が起業や、人的ネットワーク、他起業家などの入居者との橋渡しなども行う
●なんと言っても廉価(15,750円/月)

これは、首都TOKYOにおいて、「自治体セールス」するチャンスです。
これは、ちよだプラットフォームスクウェアと、(財)まちみらい千代田
か協働し運営する、インキュベート機能を持ったまちづくり拠点です。
キーワードは家守(やもり)。これはキーワード検索をかければたくさん出てくるので、そちらに任せます。

その施設の2F部分、自治体専用に区画された一角と、オープンな区画(共同)を利用できる。
★次のものは自前で用意する必要は無い。(館内に備え付けられている)
コピー、FAX、プリンター、会議室、応接室、電気自動車シェアリングレンタカー

平成21年9月1日から利用可能だ。

ここまで見ると、次のような自治体に最適と考えます。
・東京への出張時、職員の事務作業スペースが欲しい
・東京でイベント開催を考えたい
・東京の企業、ベンチャー機能、個人起業家、個人スペシャリストとの橋渡しをして欲しい
・他自治体と協働で何かを考えたい

ここは孤立しません。
周りを見れば、起業家、士業の方々、上には、財団の職員(千代田まちづくり)、イベントスペース、会議室。
1Fにはカフェ(夜はBar)、地下には、整体、鍼灸院(私の同級生です。たまたま)

いかがでしょう、興味もたれた首長様、商工観光担当者様、一度問い合わせてみたらと思います。
私自身、小規模企業として、3Fに2年間入居していました。様々な交流と、多くの人脈ができました。

(財)まちみらい千代田の「市町村サテライトオフィス東京」紹介ページはコチラ
[PR]
by kata0311 | 2009-08-17 20:41 | コラム
多摩大学総合研究所・多摩市関戸公民館共催にて、去る、8月10日夜、起業家講座を開催した。
山口絵理子さんの講演に続き、当研究所、松本祐一研究員との対談形式による質疑応答。

ブログや映像で過去の記録をチェックしていたが、実際に拝見した感じは、まさにパワフル。単純明快。きっちりものを言われるタイプです。
これは、ひとつひとつの物事を、自分が納得するところまできっちり行っている方の特徴でしょう。

株式会社 マザーハウス代表取締役である。
経営理念は、「途上国から世界に通用するブランドをつくる。」

彼女は、徹底的に問題に向き合い、解決に導くということをやり続けている。やり続けた結果、年商数億円の会社になっている。
ご本人も言われていたが、「社会起業家」と言われるのは、なんか不思議と。私も今まで知っていた「社会起業」とはちょっと違う気がした。ですが、株主に利益配分を行う大会社法人か、非営利法人かと行ったらどちらにも当てはまらない。「社会起業家」という代名詞しかないのが現状だ。

もちろん、彼女、同社によって途上国の貧困地帯で生産されるバックは、売れに売れている。TV(情熱大陸)で紹介された時には、数ヶ月も売り切れ状態で、生産が追いつかず、店舗は空っぽ、一体何をやっているのかと思ったくらいであるという。

本講座時は、台風接近で、お天気が優れなかったが、女性の姿、社会起業家志望のみなさんが多かった。
彼女が、毎月25日の(給料日)が近づく度に、頭痛いと言っておられたことや、毎月のように、バングラデシュや、ネパールに渡航し、自ら交渉や、問題解決にあたるという現実に、恐れをなした方々も多いと思う。

今後どのように展開されていくかは神のみぞ知る、いや、山口さん自身のみぞ知るとういうところだが、既存の途上国における生産管理、資源管理、資源元締めの現実に、立ち向かっていくときに何がどこまで途上国や途上国の国民にとって貢献できるのか、どうしていくのか注目である。

それらのストーリーも含めた、マザーハウスブランド。店員さんは、山口代表を同じ思いを語る「ストーリーテナー」と呼んでいる。
「途上国には、すばらしい資源と可能性がある」
これをお客様に伝えていく。
そのことでより良い社会をつくっていく。

経営も、生産もデザインも素人からの出発、それらをひとつ一つ克服しておられる。
それに共感する人がそのブランドを支持する。

彼女のこれまでの人生遍歴、人生観がバックボーンとなり、着地点に向けて走り続けている原動力を産み出している。
現在、チームワークばっちりの経営、店舗づくりによって、各人の個性を活かした経営が行われつつある。
彼女は、走りながら、体制を整え続ける。

とにかくチャレンジ、問題・障害の解決にどんどん挑む。
問題解決が夢実現につながっていくのか。夢実現のために問題解決をし続けるのか、答えは無い。

彼女の本気さが、仲間を引きつける。その仲間がチーム戦で解決を早める。今は、彼女を如何に問題の最先端に送れるかが、このチームの勝利の方程式になっていると感じた。

わかりやすさ、積極さ、本気さが原動力だ。

●お知らせ
HISとマザーハウスが主催する「バングラデシュ」ツアー(現地生産現場を見に行く)のお知らせ。節毎回は終わっていますが。コチラのサイトを参照。

現地の生産者が、日本からバック愛用者が見に来ると俄然、励みになっているとのことです。生産者と消費者がお互い、顔の見える関係は素敵です。「ファーマーズマーケット」を思い起こします。
これもまた同社のストーリーづくりの戦略でもあります。

●「東洋経済」オンライン
山口絵理子・マザーハウス代表取締役——カワイイが変える途上国、27歳「劇場経営」の突破力【上】
山口絵理子・マザーハウス代表取締役——カワイイが変える途上国、27歳「劇場経営」の突破力【中】
山口絵理子・マザーハウス代表取締役——カワイイが変える途上国、27歳「劇場経営」の突破力【下】

●情熱大陸:YouTubeで見られます。


●山口絵理子さんについて田原総一朗が語っています:YouTube



a0009097_12552218.jpg
裸でも生きる——25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)
講談社
山口 絵理子

ユーザレビュー:
a0009097_12551492.gif
日本にもまだ世界に羽 ...
a0009097_12551492.gif
実際に行動することの ...
a0009097_12551492.gif
人生観が変わりました ...
a0009097_12551474.gif

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

[PR]
by kata0311 | 2009-08-17 18:59 | コラム
文科省の委託研究から、2008年度の小学6年生を対象にした全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)を基に、年収が多い世帯ほど子供の学力も高い傾向にあるとわかったと、マスコミが報じている。

そういうことはあるだろうなというのは、みなさんなんとなくわかっていたわけですけれども、このようにしてきちんとした調査結果が出るのは初めてではないでしょうか。

なるほど、文科省の全国学力テストの結果はこのような分析にも使われるのですね。
従来は、秋田県が優秀だとか、どこそこの件はダメとかで、格差を助長するから反対などの意見が多かったが、上記のような角度からのデーターは、世界の中の日本の優位性などを考える時に重要なポイントとなろう。

やはり、まずは、問題障害点を解決していくことがジャンプするにあたっては不可欠だ。

委託研究では、
5政令市にある公立小100校
6年生約5800人の保護者から家庭環境などのデータを新たに収集
個人名が分からないよう配慮した上で、学力テストの結果と照合

とのことだから、かなり実態に近いものと言えるのではないでしょうか。

★世帯年収ごとの分類では、
200万円未満の平均正答率(%)が最低
正答率は年収が多くなるにつれておおむね上昇
1200万円以上1500万円未満だと200万円未満より20ポイント程度高まった
1500万円以上では正答率が微減に転じた

この結果からは、一流企業や、ダブルインカム世帯では、教育熱心というのか、子どもがかなり勉強に力を入れていることが伺える。

・毎日新聞の記事では、
★塾や習い事など学校外教育への支出額と学力にも相関
全く支出のない世帯は、月5万円以上支出する世帯と比較して正答率が23~27ポイント低かった
★親自身の普段の行動
「クラシック音楽のコンサートに行く」「お菓子を手作りする」などの親の子は、回答割合が高
「パチンコ・競馬・競輪に行く」「カラオケに行く」低学力につながっていることが多い

このことは、機会さえ与えられれば、学力向上するはずということであろうか。
親の役割、地域(学校、住民、大学など)の役割を考えるきっかけとなる。

・読売新聞の記事では、
★親が心がけていること
高学力層の子供の親は、「小さい頃から絵本の読み聞かせをした」「博物館や美術館に連れて行く」「ニュースや新聞記事について子供と話す」といった回答が多かった。このうち、「本の読み聞かせ」や「ニュースを話題にする」は、親の所得に関係なく学力向上に一定の効果がみられた
★学校での取り組み
も調べた。家庭環境にかかわらず、児童にあいさつを徹底したり、教員研修を積極的に行ったりしている20校では、学力向上に一定の効果がみられた。

この記事からは、混迷する世界経済。わが国では、少子傾向、超超高齢化社会の波にさらされ、人口構成バランスが崩れるが、そのような中、地域が担う、子どもの教育環境は、地域力に直結する。
国任せではなく、地域が考えていかないといけない。

ということではないだろうか。このような結果が出ても、公立小中学校は(それで教員の収入が変わるわけではないという意味で)競争にさらされているわけではないし、不採算ということになることはないので、教員自らが学校としての子どもへの通常以上の関与に対するインセンティブは無い。
稀に熱血教師が登場し、画期的にそ教師の周囲では変化が生じるが、そのことで年収UPにおつながることは仕組み上無い。
そこで、学校間格差を助長する学校選択制や、バウチャー制度の話題が出てくるわけであるが、その是非については周知の事実だ。議論に結論は出ない。

ふと思ったのは、全国学力テストは、国の財政難から、そのような方向に向けるための材料なのかもしれないなと。

まぁどちらにせよ、データーは物語る。 

このような世の中に変わっていく以上、従来と同じ物差しでの議論hあナンセンスである。
今後10年、15年の未来を見据えて、わが国の人口構成の予測等を日本経済を結びつけた仮説を基に議論することがそろそろ求められる。
その時、子どもの学力向上に対する受益者は誰なのかをよく見極める必要があろう。
そこにインセンティブを設けるべきだ。
そのような競争は大いに促すべきではないだろうか。

もはや学校間格差とか都道府県の格差だとか、そのような小さな問題でごまかしている暇はない。
子どもは「社会の宝」せあるならば、早急なる役割分担と、日本経済のリンキングをする必要がある。

社会に潜む問題を炙り出すために、どんどん切り込むべき{%拍手webry%}
[PR]
by kata0311 | 2009-08-05 06:03 | コラム

2009年6月13日、「のざわテットーひろば」に視察に行ってきました。

a0009097_12552274.jpg


a0009097_12552330.jpg

 ちなみに、まさに鉄塔の下にあるから、”テットー”。

 ← ねっ、そうでしょ!



突然お訪ねしたんですが、プレーリーダーの、”のっしー”さんこと、野下健さん(NPO法人プレーパークせたがや、野沢3丁目遊び場づくりの会)他にお話をお聞きすることが出来ました。

世田谷区野沢という、閑静な住宅街の中にあります。静かな住宅街のなかで、ココだけは子ども達の声が響き渡っていたり、電気のこぎりや電気ドリルの音がブンブンうなっていたりします。

a0009097_12552342.jpg
 この日、高学年は鉛筆立てなどを木工で作っていました。



a0009097_12552318.jpg
 お庭は、どろんこ広場、お手製スライディングプール。世田谷区でこんなところがあるなんて。



一般的に、閑静な住宅街で、子どもの声や工具の音が響いていたら苦情とかにつながると思いますでしょう?
ところがご近所さんは歓迎!
もともと、ここは、前の地主さんの時に、送電線の下にワンルームマンション建設の話しが持ち上がったときに、隣家の篤志家さんが買い取って、子ども達に解放しようと考えられた。ご近所さんもマンションが建つよりは、子ども達の広場としてあったほうがよいと判断し、受け入れているということだ。
また、現在の地主さんは、ご自分でお教室を開くために平屋の建物をお建てになったが、その後、解放されている。

a0009097_12552418.jpg
 室内は、乳幼児やママさんの交流の場所となっている。カフェもあり、ドリンクやおやつ提供もある。



a0009097_12552471.jpg
←子ども達の指導をしたり、片付けたり、子どもと一緒に遊んだり、保護者と語ったりしながら過ごすのっしーさん。



プレーリーダーの”のっしー”さんは、今では、月収があり、ほぼ常駐されている。ここ毎年、世田谷区や国の助成制度等をフルに活用し続けられているからこそである。世田谷区の支援も積極的だ。

とにかく、来ている子どもは本当に楽しそうです。どろんこになって駆け回っている。乳幼児のママさん達はしばし、フローリングの上で語り合ったり、寝かしつけたりしている。

特に、大学生のお手伝い、インターンは随時受けつけていると言うことだ。一緒にイベントを考えたり、協働できる。

我が多摩ニュータウンの事を考えた。
自然が一杯すぎて、自然の大切さ、心地よさに気づくときが少ない。
自然を活用してもっと楽しく遊びたい。
親子のふれあいや、子どもと学生の遊び場を増やしたい。

気づいたのは、広場や大きな公園に、ちょっとした建物があるとよいことだ。
休んだり、トイレにいったり、寝かしつけたり。
そうだ、これからはトイレ、ミニキッチン、シャワー室完備のミニ管理室兼、拠点(基地)が必要だ。
ニュータウンの団地に隣接した身近な所にそういうのがあるとよい。
或いは、小学校の活用か。
多摩市立諏訪小学校には裏庭(芝生)があった。乳幼児の親子が来れて集えるとよいなと感じた。
9月の連休にはキャンプがあるからその時に考えてみよう。

最後に、テットー広場に掲げられているモットーを載せておきます→
a0009097_12552489.jpg




のっしーさんが執筆、記録する”テットーひろば”のブログはコチラ
[PR]