<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

昨日、新しい、千代田区役所の庁舎に移転した、千代田区立千代田図書館ツアーに参加してきました。

場所は、九段下の、あおぞら銀行本店や、法務局の間です。

最近、区庁舎が新築され、その9F10Fに出来たものです。国の合同庁舎も同居していたりします。(旧庁舎はどうするのだろう・・・)

このあたりの、賃貸料坪単価を1万円として(少なめ?)、図書館は、780坪程あるので、家賃に換算すると780万円!! 公益事業として、これ以上の価値を出せるか?!

それはさておき、、、


ここの運営管理は、指定管理者制度で、民間に委ねられている。公設民営だ。
それがすぐにわかるのが、入ると、職員の感じが率直にちょっと違う。3社連合で受託しているのだが、コンシェルジュ機能は、サントリーパブリシティサービスが担当しており、制服に身を包んだ、若手の女性職員が、明るい挨拶と共に、迎えてくれる。というか、ツアー待ち合わせのためうろうろしていたら、職員の方から声をかけてくれた。これにはビックリ。

そして、開館時間は、朝10時~夜10時までだ。なぜそうなのかと言うと、コンセプトははっきりしている。

”あなたのセカンドオフィスに。もうひとつの書斎に。平日夜10時までご利用いただける、いままでにない"図書館"です。

これがキャッチフレーズだ。

機能としては、コチラのサイトに詳しく載っている。

そして、登録さえすれば、利用は、千代田区在住・在勤を問わず、誰でも利用出来る。
さらに区内の大学図書館と提携しており手続きすれば無料で利用も出来る。
明治大学中央図書館 ⁄ 専修大学図書館神田分館 ⁄ 法政大学図書館(市ヶ谷キャンパス) ⁄ 日本大学理工学部図書館 ⁄ 日本大学経済学部図書館 ⁄ 日本大学法学部図書館 ⁄ 二松学舎大学附属図書館 ⁄ 大妻女子大学図書館 ⁄ 上智大学図書館 ⁄
日本教育大学院大学図書館


夜10時まで開館させるのは、主に区内で働くビジネスマンをターゲットに、ビジネス関連の書籍を充実させる予定にしているからだ。千代田区は人口(1月1日現在)こそ約4万5000人にすぎないが、事業所の多さから、昼間人口(2000年国勢調査)は約85万5000人にも上る。

ただ、在住区民への配慮もある。子ども室/児童書コーナーがあり、ガラスで仕切られ、安全面でも配慮された中に、授乳室もある。今後、ここで、図書館を利用する親のために、保育士を入れて、一時預かり保育もするとのこと。

コンセプトに、セカンドオフィスにとあるのは、書斎のような個人ブース席があり、電源、LAN備え付けである。これがそれぞれ窓際でに配置されており、予約制とのことだが、ちょっとした仕事や調べ物にはよい感じ。今後、ビジネス書、新聞、年間、白書などを充実させるそう。
新書の多くも取りそろえるそうで、3,000冊を誇るそうです。新書なら、ここが一番とういうことにもなるのかもしれません。
そして、「新書マップコーナー」というのがあり、ICタグリーダーを組み込んだ台の上に本を置くと、新書にもつけられたタグを読み取って書籍情報を取得し、独自の全文検索エンジン「想」に情報を入力する仕組みだ。本は1冊でも複数冊でも検索可能。複数置けば“OR検索”になる。
つまり、その新書、或いは、複数の新書からキーワードや内容を児童表示させ、自分の興味分野がわかることが出来るという。どのように使えるのかは、いろいろ試してみるとおもしろいかも。不思議な発見があるかも知れません。
詳しくは、↓
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0704/25/news105.html

場所柄、スペースは狭く、いろいろ限定されるので、蔵書数は、はっきりいって少ない。が、少ない夜間人口と、夜に訪れたりするビジネスマン向けに特化すればこうなるのであろう。
そして、神田の古書街はすぐ近く。図書館で全部揃えるのではなく、そちらのデーターベースともリンクさせ、そちらで購入してもらうというような連携もとっている。

まぁ、条件を全部インプットし、それぞれが旨く活かせるような仕組みを取っていると言うことでしょう。まだ開設されたばかりなので、これから少しずつ、機能が強化されていく感じがした。

そして、近接する、我がオフィスも入居している、ちよだプラットフォームスクウエアとの連携も視野にあるとのこと。

自治体が、図書館の運営に関し、利用者をみていないとよく言われるが、指定管理者で民営ということが決して良いと言うことではなく、それぞれの公立図書館が、公益としてどのような機能を持たせるのか、住民ニーズを如何に取り込んで、かつ、鵜呑みにするのではなく、官がしっかりと責任を負っていくことがいかにすればできるのか、諸外国の例も参考に徹底的に話し合うことが、自治の中で必要だと思う。

なお、興味深いのは、この界隈、戦争で焼けなかったため、1600年代の蔵書も豊富に閉架にあるそうだ。とてもとても開架に並べられないし、整理するのも大変ということで、このあたり、今後如何に、利活用していくのか、民営図書館の腕の見せ所でしょう。
古地図も豊富だそうで、最近引っ張り出し、図書館HPや、ポスターにも利用されている。

まさに江戸城お膝元、江戸情報博物館にもなりうるのかも知れない。興味深い!

そして、サポーターズクラブ会員も募集しており(詳しくは、HPで)、首には赤いIDがぶらさがって、館内にもいらっしゃる。メンバーシップで、いろいろな集まりをやったり、ボランティアで閉架の整理に関われたりと、図書館好きには溜まらないかも。会員になるには審査と年会費もあるそうです。

横にはは、ラウンジ(別経営)もあり、夜18時~はアルコールも出る。よい景色を見ながら図書館を利用し、その後、お酒にディナーと、公立施設ならではの贅沢も味わえそう。

コンセプトはしっかりしているが、運営面でこれからきちんと機能していくには、利用者が利活用し、育てていかないと行けないのかも知れない。
[PR]
少し、前になりますが、2007年5月16日(水)に、多摩ニュータウン・諏訪商店街(近隣センター)、UR都市機構賃貸の空店舗に、移転、大きくなってオープンした。そのオープニングセレモニーに立ち会わせて頂き、試食や、工場・店舗を見学させていただいた。a0009097_284246.jpg

”どんぐりパン”は、以前に工場を構えていたところが、立ち退き移転対象になり、場所を探していたところ、紆余曲折があって、諏訪商店街の空店舗に決まったもの。URの配慮で、優遇家賃と2店舗分を壁ぶちぬき改装で入居出来、小さいながらも即売店舗も構えられて、一石二鳥ということになった。18歳以上の知的障害者、親の会でもあるNPO法人が運営している形になっており、焼きたてのパンは市内の児童館や、保育園に納入されているという。

商店街の空店舗問題は、いろいろな複雑なものがあるが、まずは、空きが埋まったことは活気が増える要素となる。
別途、地域が疲弊する中、なんとか長年努力されて地域のニーズに応えている既存店舗の活性策も考えねばなるまい。平等性も担保しないといけない「官」のみではなかなか難しく、「民」だけの努力ではとっくに限界を超えている。今こそ、官と民がパートナーシップ関係で、地域の公益を進める時代となったに違いないと確信する。自治によることも非常に大事な要素と思われ、今後、もう少し、大きな視点、街区くらいの大きさでの地域経営を検討することが必要である。一番は、地域が活性しないと意味がないので、今後、物販店とサービス提供店舗、知己住民、行政、地域の大学とが、がっちり連携して、地域経済の課題に取り組む時、自治が芽生え、新たに歯車がゆっくりと動き出すに違いない。高齢化、子育て支援、住み替え支援、街の若返り化、税収UP策、廃校利活用。いろいろな資源が豊富にある。


a0009097_220417.jpg当日は、理事長の挨拶から始まり、いろいろ苦労話も披露され、豊富や、商店街との協働の希望も述べられていた。続いて市長の挨拶。市も全面的にバックアップしたことが述べられていた。そして、商店会長の永井さんから乾杯の挨拶。

談笑する市長a0009097_2225523.jpg

a0009097_2233266.jpgパン工場部分

商店街に久しぶりに人だかりa0009097_2241794.jpg

なお、現在、初めて店舗を構えたことから、下記の通り、レジ係パート(経験者)を募集している。a0009097_2263045.jpg



下記に、記事等のリンクを記します。
市長のコラム(多摩市HP)はココ
●どんぐりパン案内(NPO法人多摩市障害者福祉協会)はココ
●朝日新聞の記事はココ
●市議会議員の活動記録はココ

朝日新聞記事転載はコチラ
[PR]
いわゆる疲弊する商店街。シャッター商店街。
多摩ニュータウン・諏訪近隣センターは、諏訪街区にある「諏訪名店街」だ。

小田急・京王永山駅から、この近隣センターの間には、今、注目されている住民による建て替え構想のある「諏訪二丁目住宅(600戸)」がある。当時の公団分譲団地だ。
入居開始から36年が経過している。多摩ニュータウンで初の開発地です。
商店街の南側には都営住宅。いずれもほとんどが、5F建てエレベーター無しの多棟型団地である。隣接して、賃貸の「永山団地」がある。

ということで、ここは、いわゆる疲弊する商店街問題と、オールドニュータウン問題が複合している。当時、まとまって入居した世帯は、同じく36年の月日が経過し高齢化と、当時の子ども達は独立し、間取りの狭さから新たなファミリー層の流入が促されず、空洞化が起きていると思われる。

商店街もスーパーのあいつぐ撤退、生鮮3品がなくなり・・・・・・という状況。

にわとりが先か卵が先か悩ましい悩みをあげたらきりがない、活性化策だが、こうなると、出来る物から進めてそこから相乗効果を出していくしかない。

こうなれば、地域自治によまち再生、地域経営視点での「諏訪街区」再生、活性化策を進めない限り、主体がいないわけですから、関係者がばらばらだと、つぎはぎだらけの再開発になり、結果、地域の魅力は失われるだけだ。

ここには、未だ利活用されていない地域資源がたくさんある。地域の大学、豊富な緑、住人の経験や、廃校の施設・・・・・・・だ。

このような経年変化や、経済の変貌の中、街区の中心にあり、駅からも遠い近隣センターは、入居開始からそんなに経ないうちに客数のピークがあり、後は、疲弊する一方だったと思慮される。

2年前から、縁のあった法政大学現代福祉学部地域づくりゼミ(指導教員:保井美樹准教授)と、この商店街と協働で、商店街の中間支援機関の可能性の研究と、今後の近隣センターのあるべき姿を認識していくための活動を準備してきた。
この2年、商店会のコミュニティが失われ、売り出しセールすら開催できない状況であったが、今年度、大学研究室と学生、それから近隣大学が関わり商店街の売り出しセールと、地域コミュニティ関連事業を、近隣センターで繰り広げるというタイアップで復活することとなります。これは、その復活記念イベントだ。

a0009097_021834.jpg去る2007年5月12日に商店会と、法政大保井ゼミが合同で第一回イベント実行委員会を開催した。どうなるかだが、七夕とクリスマス時期に開催される。都と市の助成金も活用されるが、行政もお金だけの支援でなく、何らかの形で、「公民連携」効果で公益をなしていけるように知恵を絞り、情報交換ししながらの行動が期待される。地域の疲弊はマイナスですし、活性化していけば、税収もUPしていくのですから。
[PR]
先日、同期生だった、現銚子市地域再生マネージャーが上京したおり、2ヶ月ぶりくらいの再会でしたが、一杯飲みながら近況を伺った。
その夜、高速バスで銚子へ戻る前の数時間でしたが、いろいろ興味深いお話を聞くことが出来た。
ともあれ元気な様子で、活き活きされた様子で何より。。。
夏の合宿誘致等の戦略を中心に、市内の上京、観光の様子、地域の資源について興味深くお聞きした。

印象的には、交流人口が少ないため、盛り上がっていない様子。
これには、大学研究室などが、大人数で伺い、街を闊歩することが大きなインパクトになるはず。
さっそくその路線で、夏の合宿に少なくとも自分の関連のゼミがいければ御の字だ。というか、私自身が行ってみたい。体験してみたい。関東にあるにもかかわらず、東京からは少し時間がかかる所のため、なかなかクローズアップされないと思われる。私も未だ行ったことがない。

a0009097_055572.jpgおみやげにぬれ煎餅を買ってきて頂いた。写真の通り、「銚子電鉄株式会社」が製造販売している。
銚子電鉄は、開業以来、紆余曲折の道を辿ってきた。赤字続きだが、10年前に副業として始めた「ぬれ煎餅」の製造販売が評判を呼び、親会社の倒産による廃線の危機も乗り越えて今日に至っている。
ところが、資金不足で設備更新もままならず、借入金返済もきつく、苦しい経営を強いられている。そんななか、平成18年には、前社長の横領事件が発覚。絶体絶命に。銚子電鉄存続のための署名運動が実施され、銚子市の人口(約75,000人)を上回る、90,000人以上の署名が集まり、死にものぐるいで社員ががんばっている。【涙】

a0009097_0595342.jpga0009097_104075.jpg
ぬれ煎餅ですが、これがまたおいしい。醤油だれがうまい。地元ヤマサ醤油(1645年創業)の「ぬれ煎餅専用醤油だれ」が使用されており、食感はもちろん、ふにゃ~という感じ。
[PR]
「銚子市地域再生マネージャー・寺井素子の銚子だより」
ブログが始まっている。(上記クリックでリンク

地域再生マネージャーの職務は、地域に常駐し、銚子市の新しいモデルとなるようなユニークなビジネスの立ち上げや、地域の産品、観光のPR、ブランド化、商業地の活性化などをお手伝いしていくもの。
地域再生マネージャーの寺井素子氏が、日々の活動の中で感じたことや銚子の歳時記、旬の産品などを紹介していかれるとのこと。

寺井素子さんのプロフィールはここ
紆余曲折と思いきやそうでもない。必然的な歩みであると思われる。

昨年度一年間、私は、彼女らと共に、公民連携(PPP)の研究をしていました。彼女は、1年で学位取得、びっくりの転身である。いや、必然ですが。
この分野の現場経験はないと思われますが、お関わりした限りでは、なんら問題ない素質と気持ちを持ち合わせた方です。現地では、若者、よそ者ですし、なんといっても利き酒師ですからね。

先月、単身、彼女は現地へ住み込みで行かれました。

夏には、私も”初”銚子体験をしたいと思っています。
[PR]
宮崎県、東国原知事の顔をもった招き猫が登場した。
a0009097_18374210.jpg


製造販売業者が知事に許可を求めたとき、あまりにも似すぎていて気持ち悪いから、少し、似ていないようにしてくれと要望しつつ、許可。それでもそっくりですよね。
猫耳がまたお似合い。左手を挙げた招き猫は、人(客)を招くとされる。(Wikipedia)

現在バカ売れで、品薄とか。特に女性から絶大な支持を受けており、「キモかわいい~」、「人が集まりそう。魔よけにもなりそうよ」と本来とは違った効果を期待する声も出ているそう。この招き猫を売り出した、ねこまや食器店(宮崎市)によると「北海道など全国から注文が殺到している」状態。「14年前から招き猫を作っているが、こんなことは初めて。」(スポーツ報知)

東国原知事は就任直後から、上京のたびに、「宮崎」をトップセールス。鳥インフル問題の終息にも一役、県経済活性に多大な貢献をしている。一般人があまり行かない、県庁にもツアー客が押し寄せ観光拠点化。おみやげ購入や、宿泊など、観光客が落とすお金は莫大であろう。

有名人に限らず、やはりトップ自らが、セールスするのはとっても効果が上がるとういうことが証明されている典型例のようですね。
疲弊する地域や、企業のリーダーは、部屋に閉じこもって悩んでいるふりをするのではなく、行動あるのみですね♪

「どげんかせんと日本!」
[PR]