<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

財政赤点滅から、いよいよ警報発令か・・・・

2月17日の日経朝刊1面をみて、迫り来る恐怖に身を引き締まる思いをした。

概要は、財務省が検討に入ったのが、「公共事業費をGDP(国内総生産)比で欧米並みに抑制2010年代初頭に」ということ。

なにかっていうと、
・03年度の日本の国・地方を合わせた公共事業費は、16兆8千億円(GDP比3.4%)である。
・フランス(同1.3%)、米国(1.1%)、ドイツ(0.9%)、英国(0.5%)であることから、我が国は、先進国に比べ、3倍ほど高い状況。
・政府は、2010年初頭(5、6年後)に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字にする目標を掲げている(かなり困難か?)ことで、増税無き目標達成をするには、20兆円の歳出削減が必要なこと。規模の大きい、社会保障費と公共事業費の削減でまかなうしかない。
 基礎的財政収支とは?
●そして何かいい数字の根拠はないかって考えたら(失礼!)、先進国のGDP比による公共事業費予算だったということか!?

ちなみに、私が関わる建設、建設関連業の中で、身近な状況を説明すると、
●国だけの公共事業費のピークは、1998年度で、14兆9千億円、06年度(今年度)は、7兆2千億円だから、半分以下になった。
●岩手県における公共工事事業費は、1998年度で、2,000億円超、04年度では、700億円弱だから、1/3以下に。

で、何が言いたいかというと、それはここから
●これは建設業関連の人は大変だねっていう問題だけではないということ。
●岩手県でも古いデーターで恐縮ですが、建設業者の倒産(負債1,000万円以上)は、03年度で47件、04年度で30件おきている。
●建設業一人当たりの年間完成工事高は、総平均で37,148千円/人(中小企業庁)、公共事業費を国地方合わせて03年度の16兆円から7兆円に削減するとして工事費を公共事業費の90%として計算すると、
 約218,000人の建設業従事者が失業する。
●また、測量設計業(建設関連業)一人当たり年間売上高は、18,800千円(国交省)、公共事業費を国地方合わせて03年度の16兆円から7兆円に削減するとして測量設計費を公共事業費の10%として計算すると、
 約47,800人の測量設計業従事者が失業する。

これらは、最悪の数字ではあるが、実際は、関連業務への異動や、維持管理業への転換等で、吸収される人材もいるかと思う。
が、我が国は土建国家と言われ、地域は建設業で成り立ってきた、建設従事者以外にも建設業へ関わっている人や、法人は多い。燃料や、機械類、文房具ひとつとってもそうだ。
何がなんだかわかりませんね。

★さらなる問題は、日経によれば、国交省は高度成長期に建設した、道路、ダム、橋などの維持管理費や更新費用が、年々増加していき、2020年度には、必要な更新投資ができない所が出てくると主張。日本は自然災害も多いため、他国と比較した数値目標はなじまないとも主張している。
この辺は、本当にそうなのか、他国の災害状況も調べてみる必要もあろう。(米国でも、ハリケーン被害なんかが多い気もする)

これらをクリアするには、
「コスト削減」、「業態転換」、「官から民へ」、「公務員・行政改革」「公民連携(PPP)」等々、国から率先して見本を示し、小さな政府、市町村合併の推進、道州制へと急がなければなるまい。

●少子高齢化の問題(高齢者の増大と、人口減少)が加速する中、一体で革新せねばならない。-住宅は供給過剰となり、車や家は売れ行きが悪くなる。教育産業(学校も含め)は大幅な役割の転換へ、ベットタウンを抱える地域は、高齢者施設の大幅な不足、税収の大幅な減少(これらは、実は、増加率からいって、大規模自治体に起きること。特に埼玉県や東京都などの首都圏)。

20年後、日本におけるビジネスは大きく変わっているはず。

地域経営の質が問われていく。
[PR]
a0009097_11215274.jpg

2月14日(火)と、15日(水)、北東北出張の折りに、「東横イン」に宿泊した。

以前に、私は、「東横イン」ファンで、いつも利用している旨書いたが、
今回は、15日に岩手・盛岡にお呼びいただき、先方に予約をお願いしたところ、駅前・禁煙ルーム希望という条件では、「東横イン盛岡駅前」のみが該当したようだ。


別に、今回の事件があったからといって、利用見合わせをする意味は何もない(私のとって、このホテルチェーンは、どこよりも、落ち着きと安らぎを与えてくれるのである。またホテル従業員や、問題のない店舗になんの罪はない・・・)ので、ありがたくご厚意通り、宿泊させていただいた。

で、話は前後するが、その前日の14日に、岩手県北、青森県南への社用出張を組み合わせたため、やはり定宿にしている、「東横イン八戸駅前」を予約し宿泊した。

本題に入ると、何らいつもと(接客態度は)変わりないが、エレベーター内には、当然ながら、社長のお詫びメッセージが張り出してあった。(あの社長節で(格式ばった言い方ではなく庶民的な言い回しで))
あの社長の事件直後の会見での失態は、彼の人格そのものであったと思う。後日、お詫びをしていたが、そう簡単に取り消せるものではない。悔い改めることは大事ですので、そういう面ではよしとしたいが、それが経営者として本物かどうかは、今後の態度・行動次第ですなー。
彼は、企業の代表としての社会的責務、心構えにはどうやらかけていたというところでしょう。どんなに、お客様第一主義と表面上表していても、きっとどこかで、他人に迷惑をかけていたに違いない。今回露呈したのは、身障者への軽視です。利用が少ないので、必要ないと思ったという思い上がりで、必要な施設を撤去、他へ流用していたもの。自分のところだけならいいだろうという考え。これ、みーんな始めてしまったら、身障者は、宿泊するのに不便きわまりない。そこの地域では、だれもが安心して滞在することのできない、つまり、地域価値が失われていく結果に陥る。だから自治体も条例化して、指導しているわけだ。

ですから、当該自治体には、条例違反自体には罰則はないようだが、厳しく臨んでほしい。

で、八戸駅前店も、盛岡駅前店も、宿泊客はやはり少なめであった。
盛岡駅前にいたっては、いつもなら予約できないほど、人気ホテルであったが、余裕があるようだった。

八戸駅前店にいたっては(現在、東北新幹線の暫定終着駅でるが)、実際の繁華街は、「本八戸駅」であることもあり、日頃から苦戦している様子。駅に直結して「ホテルメトロポリタン」(JR東日本系列)もある。八戸駅は市内のはずれに位置する。この日は、バレンタインデー。チェックイン時に女性従業員(しかいないのだが)、からチョコレートのプレゼント。そして、今月から、朝食サービスに加えて、夕食(カレーライス)の無料サービスも始まり、どうぞとのことであった。同じ宿泊料金でこのサービス。ww

こういう戦略が、容易にできるのも、経営方針にある。女性支配人に、ある程度任されていて、、少ない女性従業員で、できることはすべてやる。少ないコストでお客様へ最大のサービスを提供することをモットーとしている。地域雇用もかなりの効果があると思う。コンセプトがいいのだから、社会的弱者のこともふまえて、猛省してほしいものである。

今回、宿泊することで、企業経営って、自分よがりじゃ×ということを身をもって思い知った出張ともなった。
[PR]
by kata0311 | 2006-02-16 11:50 | 企業
先日、前回イラク戦争は、CIAの分析を無視し、大統領が強行に戦争を始めたものと、元CIA分析官の告発があったばかりだが・・・・

脅威はあるのは事実だが、どのような措置がベストか?
再び、世界に緊張が走り、小泉内閣も窮地に?

>英紙がスクープ。
米国がイランの核兵器保有を防ぐため、同国の核関連施設への軍事攻撃に向けて準備を進めていると報じた。外交交渉が失敗した場合に備えた“最後の手段”として、国防総省が空爆を中心とした具体的な計画を立案しているという。
 同紙によると、国防総省の専門家が攻撃対象や使用兵器、後方支援作戦などを検討中で、ラムズフェルド国防長官にも報告された。同省高官は「この数カ月間、非常な緊急性を持って準備が進んだ」と指摘した。
 最も考えられる戦略の1つは、地下施設破壊を目的とした特殊貫通弾(バンカーバスター)も登載するB2ステルス爆撃機による攻撃。空中給油機とともに米ミズーリ州の基地を出発した爆撃機がイラン上空を目指す。(共同通信)

[PR]
本日はフェーン現象で、3月下旬の陽気(16℃)になるはずが・・・
日中5℃、風も強くさむーい一日でした。夜になり逆に気温があがってきてましたが。

朝の予報を確認し、スケジュール調整。現場には、直行せず、暖かくなる昼前後をめざすことにして、朝一の仕事は10時に目的の役所に入ることとして、少し余裕が出来たので、家の前の雪かきをした。(いつも、近所の方におまけせだったので、罪滅ぼし・・・)

ところが、昼になっても太陽はでず、北風が吹き付けてる。嘘つきっ!
結局変更するわけにもいかず、真冬の寒さの中、現場踏査、現場から携帯でふるえながら、状況報告と打ち合わせ。「現場、もう雪ないですかぁー?」と聞かれ、確かに雪はない(都区部は、夜半に雨に変わったらしい)が、寒すぎ!

調子の狂った一日でした。でも、今朝、開業間もない「つくばエクスプレス」が全面ストップしていたのにはびっくり。最新機器で開業した鉄道も、雪氷には弱かった。。。この会社、東京メトロ(地下鉄)が出資している会社で、職員も出向者が多い。地下鉄会社で、あまり、雪氷対策には慣れてない?
今朝は、JR南武、中央線、埼京線、湘南新宿ライン、きわめて順調でした。京王線も!
鉄道事業者の方、ご苦労様でした。
[PR]
by kata0311 | 2006-02-07 23:49 | 首都圏
2月7日午前12時、予報通り、東京地方、雪が津々と降っている。朝まで降り続けるみたい。
さきほど京王線で帰ってくるとき、車輪がかなり空転していた。加速時も減速時も。
けっこう冷え込んできて、線路が凍結してきているのだろうか?

鉄道事業者は、今夜は、明朝の朝の足の確保に苦労されると思う、よろしくです!

で、問題は、朝まで降り続く予報だが、昼にかけては15~16℃の気温予想。9時頃から晴天の予想。さきほどニュースでは、3月下旬の気温とのこと。フェーン現象が起きるらしい。春じゃん!
服装や、格好に悩みます。

明日は、外回りもあるので困る。とりあえず、朝起きて様子見てみよう。
[PR]
by kata0311 | 2006-02-07 00:46 | 首都圏