カテゴリ:情報提供( 7 )

 私も「リサーチパートナーとして参画します、「東洋大学PPP研究センター」がいよいよ開設され、記念シンポが開催されます。
 ご関心のある方は、お気軽にお申し込みください。

【ご案内】
 日本で唯一のPPPの研究拠点、東洋大学PPP研究センターの開設記念シンポジウムを行います。今回は、米国でPPP関連の研究機関を設立したフロリダ・アトランティック大学(FAU)、ジョージア工科大学(GTU)の責任者を招聘して国際会議を開催します。

PPPにご関心のある方、奮ってご参加ください。

特に今回は100名程度の収容のホールでありすぐにいっぱいになる可能性がありますので、ご注意下さい。


日時 3月30日(月)14:00~17:30
場所 東洋大学白山キャンパス2号館16階スカイホール
   (文京区白山5-28-20)
定員100名(先着順) 入場無料 同時通訳付
プログラム
   13:30 開場
   14:00 開会
   14:05 ”PPP研究センターが目指すもの”
         東洋大学 根本祐二教授
   14:15 ”金融危機における都市再生PPPの挑戦とチャンス”
         FAU フランク・シュニッドマン教授
   15:00 ”政府における革新:伝統システムとPPPの比較”
         GTU ジェイムス・ホワイト教授         
   15:45 休憩
   16:00 PPPスクール研究レポート報告
      ”サンディ・スプリングスモデルの導入可能性”
         東洋大学院生 三輪恭之氏
      ”ホームレスのための社会開発PPP”
         東洋大学院生 清水玲子氏
      ”PRE(公的不動産)における客観指標の開発”
         東洋大学院生 原 耕造氏
   16:30 パネルディスカッション
   17:30 閉会、レセプション

お申し込みは、コチラから。
[PR]
多摩青年会議所創立35周年記念事業として、第一回ビジネスアカデミー【情報ステージ】として、

渡邉美樹氏(ワタミ株式会社代表取締役) の講演会があります。

「夢に日付を! 情熱は成功への出発点」


日 時:平成21年3月25日(水)19:00~
場 所:パルテノン多摩大ホール
定 員:1,000名
入場料:2,000円(収益金は、NPO法人スクール・エイド・ジャパンの学校建設支援に寄付されます。
主催:多摩青年会議所
提携:多摩市立関戸公民館

詳しくは、多摩青年会議所HPをご覧ください(ココをクリック)

a0009097_1620080.jpg

[PR]
先日、お知らせした、私もパネラーとしてでます「市民討議会はどうあるべきかシンポ」の前に、フォーラムが開かれます。

市民討議会フォーラム
「市民討議会見本市」

開催:プラーヌンクスツェレ研究会・市民討議会推進ネットワーク 共催
後援:別府大学地域社会研究センター (財)日本青年館
    (社)日本青年会議所関東地区協議会 NPOまちぽっと

開催日:2008年2月23日(土)
(翌日の24日(日)には第6回プラーヌンクスツェレ研究会が同会場で開催予定です)

開催時間: AM9:30 開場 AM10:00 開会 PM17:00 閉会 PM17:30 懇親会

参 加 費:1,000円
懇親会費:5,000円(学生は半額)

会場:日本青年館 501号室
東京都新宿区霞ヶ丘町7-1(地図参照)
03-3475-2550(駐車場有:要予約)

定員:見本市定員100名、懇親会定員50名(受付先着順)

申込:①所属団体 ②お名前 ③参加人数 ④ご連絡先⑤懇親会出席の有無
を明記の上、kobari@watowa.comまでE-mailまたは03-5328-6251までFAX願います。

※翌日の研究会にもご出席予定の方で宿泊希望の方は近隣ホテルをご紹介いたします。詳しくはお問い合わせください。

問い合わせ先:
070-5468-0804(事務局長:小針)
FAX 03(5328)6251
Email: kobari@watowa.com

 中央集権型社会が制度疲労を起こし、様々な弊害が表面化しています。これらの課題解決のため国民は政治や行政に関わる必要が有ります。
 そして地方分権が進む中、独自性をもった魅力ある「まち」をつくるために、市民がまちづくりに直接参加する機会をつくることも重要です。
近年「市民討議会」が青年会議所主体で多数開催されており、多くの自治体・市民団体、マスメディア等から注目されています。
 そこでこの度、日本で行われたケースの事業紹介、また開催者の方々によるパネルディスカッショ形式のフォーラムを開催し、開催を検討している方々や研究者・メディアに広く公開し、情報交換の場を設けます。
 開催支援と手法の全国普及を目指すための場として 多くの方のご来場をお待ちしております。

詳しくは、コチラ
[PR]
****************************************転載歓迎******
日本初の公民連携専門の社会人大学院
2007年度入学生 募集開始

出願 3月1日(木)~8日(木) 入試3月17日(土)
http://www.pppschool.jp
******************************************************

昨年4月大きな話題を呼んで開講した東洋大学公民連携専攻。
今や世界の標準となったパブリック・プライベート・パートナーシップですが、日本では始まったばかり。

その理論と実務を確実に修得し、自分の価値を大幅に高めるチャンスです。

PFI、指定管理者、市場化テスト、都市再生、地域再生、まちづくり、商店街再生、産学連携・・・。行政と民間の間で行われるすべての分野を対象にする、新しいタイプのビジネススクールで、多くの仲間と学んでみませんか。

名称 東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻
   (略称 東洋PPPスクール)
学位 経済学修士
期間 2年間(1年間も可能)
開講 平日夜(大手町サテライト・・東京駅前)
   土曜日(白山キャンパス・・東京都文京区)
     土曜日のみでも単位取得可能
対象 原則社会人
    国・地方自治体職員・議員
    民間企業(設計・建設・不動産、メーカー、商社、
     金融、サービス業など) ,NPO、市民団体

入試 小論文(新聞記事の感想)、面接

★入試相談会も実施中

詳細は
http://www.pppschool.jp
をご覧下さい。
******************************************************
[PR]
Public/Private Partnershipは、今日本で最も注目されているコンセプトです。公共サービスの民営化、都市再生・地域再生、PFI・指定管理者・市場化テストなど、今の日本で官と民の連携に関わらない分野はないと言っても過言ではありません。東洋大学でも、この分野での人材育成を目的に2006年4月から社会人大学院公民連携専攻を立ち上げるとともに、このたび、米国のPPP専門の非営利機関NCPPPと連携して日米PPPフォーラムを開催することといたしました。PPPの将来を占う上での貴重な情報とネットワークを得る機会です。ふるってご参加下さい。

主   催 東洋大学 DBJ日本政策投資銀行
特別協力 NCPPP( National Council for Public/Private Partnerships )
日   時 11月29日(水)1330~1630
場   所 東洋大学白山キャンパス2号館16階スカイホール
  好評につき、会場変更→ 東洋大学白山キャンパス・井上円了ホール
      (東京都文京区白山5-28-20)
後   援 社団法人日本プロジェクト産業協議会
       財団法人都市みらい推進機構
       財団法人日本経済研究所、大和ハウス工業株式会社
       野村證券株式会社、時事通信社
スケジュール
1300 開場
1330 主催者代表挨拶 塩川正十郎東洋大学総長
1345 公民連携白書発刊報告 根本祐二東洋大学教授
1350 ゲスト・プレゼンテーション1 アート・スミスNCPPPプレジデント
ゲスト・プレゼンテーション2 フランク・シュニッドマン
ビスケイン・ランディング事務局長
1500 パネリスト・プレゼンテーション福嶋浩彦我孫子市長
パネル・ディスカッション
パネリストアート・スミスNCPPPプレジデント
フランク・シュニッドマン
ビスケイン・ランディング事務局長
福嶋浩彦我孫子市長
根本祐二東洋大学教授
1630 終了
同時通訳付、入場無料/申込順

出席のお申込は、お名前、所属・役職、ご連絡先(メールアドレス、電話番号等)を明記の上、下記にメールまたはfax下さい。

Mail: ppp@hakusrv.toyo.ac.jp
Fax. 03-3231-1610

詳細なご案内はコチラ

東洋大学大学院経済学研究科公民連携専攻科HPは、コチラ
[PR]
【情報提供】

日本初「官から民へ」のプロ養成
東洋大学大学院経済学研究科公民連携(P/PP)専攻
記念講演会・相談会のお知らせ■
 2006年4月開講の東洋大学公民連携専攻。現在、約30名の社会人が公共サービスの改革や地域経済の再生を実現するために研鑽に励んでいます。(平日夜・土曜日開講)
 そして、いよいよ2007年度の入試(12月)に向けてスタートします。ふるってご参加下さい。

○記念講演会
2006年10月30日(月)1700~1815 
演題『米国PPPの最新事情~ULI総会からの緊急報告~』 
講師:公民連携専攻科 サム田渕客員教授
コメンテーター:公民連携専攻科 根本教授
                (元日本政策投資銀行地域企画部部長)
 直前にデンバーで開催される世界最大の都市再生フォーラム、ULI年次総会及び
Public/Private Partnership Councilに参加する講師が、米国の最新の公民連携の動向を紹介します。

○入試相談会
2006年10月30日(月)1830~, 1900~, 1930~ ,2000~
内容:専攻の説明、小論文傾向と対策
○場所:東洋大学大手町サテライト
(東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル1階)
○入場無料、先着順

○お申し込み
所属、お名前、連絡先、参加回を明記の上、
ppp@hakusrv.toyo.ac.jp
へお申し込み下さい。

専攻科HPはコチラ
[PR]
法政大学大学院シンポジウムのお知らせです。(転載)
上記、標題のシンポジウムが開催されます。

日時:2006年2月4日(土)14:00~16:35
会場:法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナード・タワー26Fスカイホール
定員:100名 入場無料 事前申込み制

●内容
・多様化、広域化する環境問題と自治体の環境政策
・環境問題の専門家人材の育成と、自治体職員の問題への理解、意識改革
・総合的な環境政策と広範な利害関係者の参加の不可欠性
・市民、事業者、NPOの参加、パートナーシップの推進
・環境政策の統合に積極的な3都市自治体担当者による、政策統合。人材育成、利害関係者の参加・パートナーシップについての課題と、今後の自治体、市民、事業者、NPO、さらに大学の進むべき方向について議論する。
●パネリスト
 垣迫裕俊(北九州市環境局長)
 高田  明(川崎市環境局緑政部緑政課長)
 黒澤孝明(板橋区資源環境部環境保全課地球温暖化対策係長)
●主催
 法政大学大学院環境マネジメント研究科
●後援
 環境省(申請中)

●申込み方法
 E-mailで、氏名(フリガナ)、住所、年齢、職業(学生は、大学名・学部または専攻名)。電話番号、E-mailアドレスを記入
 標題は「法政大学大学院シンポジウム」とする。
E-mail: hgs@i.hosei.ac.jp

※なお、転載したものでありますことをお断り申し上げます。下記、よくご確認の上、お申し込みください。
お問い合わせ先:法政大学大学院事務部大学院課 電話03-5228-0552
http://www.hosei.ac.jp/gs
 
[PR]