ホリエモン代表権剥奪、社長解任

ライブドアは24日、堀江貴文容疑者の社長職および代表権を解き熊谷史人取締役が代表取締役となる人事を発表した。平松庚三執行役員が社長職に就く。堀江容疑者の取締役辞任届は受理していないため、堀江容疑者の取締役の地位は当面継続する。宮内亮治取締役の辞任届が受理された。 日経(17:08)

こ、これはどういうことか。同じく逮捕拘留されている、宮内さんが辞任届?!事情聴取前に、誰かに預けていたと言うことなのか?それであれば、報道は本当で、堀江氏がねつ造と言っていたことの方が、実は、宮内さんから辞任はしないとだまされていた?

また、臨時取締役会で、堀江氏の代表権剥奪ということでしょう。辞任届は出ていないので、平の取締役で残留させざるえを得ないと言うことでしょう。まぁ大株主ですし。

熊谷さんは、代表権を持たされながら、社長ではない?一番損な役回りかも・・・・・・・

このままいけば、倒産回避策をとりながら、外資に買収されるというパターンなのでしょう。
[PR]
by kata0311 | 2006-01-24 18:11 | 企業